キャバクラ嬢とパパ活で
エッチができるチャンス?


コロナ禍による生活苦で、精神的に追い詰められる人が増えている。

客が激減し、キャバクラ店で働く女性が鬱病になったり、仕事を変えたことで適応障害に苦しんだりするケースが増えているという。

生活苦の女性がお金を稼ぐため、パパ活を行う人も、また増えている。

パパ活女子が利用するツールは出会い系サイトのハッピーメールです。

ハッピーメール公式サイト

来客予定がないまま出勤を続けている
コロナ禍で女性の自殺が増えていると報道されている。警察庁によると、2020年に自殺した女性は7026人で、前年より15.4%増加した。動機別でみると、鬱病などの健康問題が前年比で1割増えたという。

今回は、増えているキャバクラ嬢の鬱病と、キャバクラを辞めた女性の状況について書いていきたい。

初めに、キャバクラで働く女性たち(キャスト)の現状を説明すると、キャストが待機している時間の時給はコロナ禍をきっかけにカットされ、1年がたった3月でも続いている。

お店を存続させるためには仕方のないことだと言えるが、お客を呼べない(来客予定がない)キャバクラ嬢にとっては、コロナ感染のリスクだけを背負いながら出勤することになる。

ある日、1人のキャバクラ嬢から相談の連絡がきた。名前をさやさん(25歳、仮名)とする。彼女はひとり暮らしで、繁華街のキャバクラ店に勤めている。

感染を恐れたら「怠けている」と言われ…
「軽度の鬱病という診断を受けました。でも、親と喧嘩ばかりしているから症状を話せなくて、精神的にキツいです」という話だった。松山ではクラスターが発生したこともあり、さやさんはコロナ感染を恐れて1カ月ほど出勤していなかった。貯金を切り崩して生活していたが、それを「怠けている」と判断した親と衝突する日々が続いた。

1カ月間の出勤自粛が原因で軽度の鬱病を招いてしまった。とはいえ、いつまでも貯金を切り崩しながら生活をするわけにはいかない。そうしてさやさんは出勤するようになったが、出勤しても待機時間中は時給カットの対象になる。5時間働いても、3時間分の時給しか保証されていない。

さやさんのコロナ前の時給は2400~2600円で、月収は多い月で30万円ほどあった。だが、時給1600円までカットされたことで、最高日給は8000円である。さやさんは「最近は、客入りが悪くて5時間出勤しても1卓しかつけてくれなくて、接客時間は10分くらいなんですよ」と話す。

さらに、さやさんを追い込むような出来事があった。

客を呼べと言われても来るわけがない
「上の人に呼び出されて、客を呼ぶように言われたんですけど、緊急事態宣言を繰り返している現状で呼べるわけがないじゃないですか。ナイチャー(県外)のお客さんも減ってるし、新規のお客さんに10分しかつけないんですよ? どうやって呼べば? と思いましたね」

その後、さやさんは、精神的に追い詰められ鬱病が悪化してしまった。昼間の仕事をしようにもやりたいことがないし、そもそも自分に何ができるのか分からない。簡単にできそうな仕事は、すでに人材がオーバーしている状態だ。

途方に暮れたさやさんは、出勤が少しずつ減ってしまい、現在では週末しか出勤していない。10万円程度の収入で貯金も少なくなっている。困窮する前に実家に戻る手もあるが、その場合は鬱病を患ったことを家族にカミングアウトしないといけない。

果たして鬱病を親が理解してくれるのか、また家族関係が良好になるのかも分からない。さやさんは不安に頭を抱え、眠れない日々を送っている。

困窮して昼間のアルバイトを始めたが…
別の日、筆者の元同僚であるえりなさん(22歳、仮名)から連絡があった。決して売れっ子とは呼べないえりなさんはコロナ禍で出勤を削られ、金銭的に窮地に立たされた結果、昼間のアルバイトとしてコールセンターに務めるようになった。

最低賃金は時給792円だが、コールセンターは時給1000円以上が多く、非常に魅力的な職業だ。とはいえ、勤務時間中はずっと誰かの話を聞いたり、対応を覚えたりしなければならず、実際は非常にハードな仕事である。

自由におしゃべりができるキャバクラと比べて「こうしてはいけない」ずくめの仕事に、えりなさんは困惑していた。

「最近、バイトに行くのがしんどくて心療内科に行ってみたんですよ。そしたら、適応障害って言われてしまって……。やっぱり、昼間の仕事はできないんでしょうか」と、不安げに話す。

キャバクラ店は、覚えることが非常に少なく、個人の資質と裁量で何とかなってしまう。本土系列のように欠勤、遅刻などによる罰金制度などもない。だからこそ、制度化された一般の職場に移ると、ギャップに戸惑うことになる。

本番(SEX)するために役立つ情報
必ず本ありのHがしたい方でデリヘル嬢に交渉が苦手な方は以下のページを参考にしてみてください!! 当たりハズレもありますが、楽しめると思います!!

北海道
青森
山形
群馬
長野
埼玉
千葉
東京
神奈川
富山
愛知
京都
大阪
兵庫
奈良
岡山
福岡
長崎

大人のニュース

風俗デリヘルで本番交渉の常識
基本的な本番交渉の方法は、デリヘルやホテヘルでも同じです。

非本番風俗で働いてる女は、お金が欲しいけど本番はしたくないから非本番風俗で働いてる。 お金が欲しく、ソープがないか非本番風俗で働いている。

と、とにかくお金が欲しいから働いてる。

ということで、本番をするために重要なのは以下となる。
POINT
  • 清潔、性病が無さそう。
  • 金を持ってるからお小遣いもらえる。
  • 金を持ってるからリピーターになってもらえる。
  • とにかく相手を誉める。
  • とにかく相手の話に同調する。バカなことを言っていても頷こう。

一番は、金が重要!!
金は命よりも大事!!


風俗嬢は100%全員、金が欲しい。

金が欲しいから風俗嬢をしてるのは間違いない。

風俗で本番をしたいならその場だけでも金を持ってることをアピールしないとだめということ。

◯◯の社長、◯◯の経営をしてるなど、なんでもよいが金がありそうな職業を言ってしまうのが効果がある!!

次に清潔感!!!

きたないのもダメだ。安くても良いので小ぎれいな服装、髪の毛がボサボサしていない、歯を磨く、爪を切って整える等、簡単なことでよいので、清潔にすることが大事!!!

後は、会話を上手くやることが大事!! 相手の言っていることが違うと思っても否定はしない。 同調してあげることが大事。

あいま、あいまで誉める! とにかく誉める!

そして、抜きの直前になったら本番交渉を行う。

抜きの直前が重要なので復唱!!


状況によって、次の言葉を言う。
POINT
  • 個人的なオプションはないの?
  • いつもはこんなことないんだけどエッチしたい
  • 入れたくなってきちゃった
  • 本番したいな
  • 入れたいんだけどだめかな

と言う感じを状況に合わせて使い分ける。

本番のオプション料金は、嬢にもよるが、1万が多い。

熟女だと5千円と言うのもあるし、女子大生だと3万~5万って言う女もいるぞ。

プレイ代とオプションで中々の額になってしまうのが難点!!

まぁ、上手く本番ができたときの感覚はたまらないが。。。

でも、額が額なので、出会い系、マッチングアプリで1万5千~2万で本番をするのも良く使う手ではある。

本番の交渉とかがないので、交渉というドキドキ感はないかもしれないが、とにかく本番がしたいときはかなり便利だし、当たりの肉便器を探すドキドキはあり面白い。。。

興味がある人は是非やってみてください。
とにかくセックス、本番がしたいなら
とにかく本番のセックスがしたい人!!

騙されたと思って出会い系、マッチングアプリを使ってください!!

ソープがある県ならソープ店に行けば必ず本番セックスができます。

デリヘルなら、本番セックスの交渉が上手ければ本番ができます!!

ソープ、デリヘルでも本番セックスができます、でも、決まった店まで行かなくてはいけない、本番の交渉をしなくてはいけないという条件があります。

でも、出会い系、マッチングアプリなら、どこでも、誰でもお金さえあれば必ず本番セックスができます。

それも、デリヘルより料金が安いのです。

デリヘルならホテル代+プレイ代+オプション代(本番代)で、3万近くはかかってしまいます。

しかし、出会い系、マッチングアプリならホテル代+1.5~2万で必ず本番セックスができます。

さらに、運が良ければ無料のセフレもできる可能性があります。

さらに、生本番で募集してる女(肉便器)もいるので生本番も簡単にできちゃいます。

とにかく、メンヘラの女(肉便器)が、世の中にはいっぱいいるのです。

出会い系、マッチングアプリが気にいらなかったら、アンインストールすればよいし。

最近の出会い系、マッチングアプリは架空請求はこないが、もしきたら無視すればよいだけだし!!

とにかく、マイナスな点がないのに何故、出会い系、マッチングアプリをしないんですか?

本番セックスをしたいのに何故、出会い系、マッチングアプリをしないんですか?

ってことです。

TVで紹介されたハッピーメールを使ってみんさい!!

みなさんのよい精活を。。。