パパ活を始めた現役CAが語る
パパ活のシビアさ


マッチングアプリやSNSの普及によって、男女の出会いは多様化している。そのなかでも “愛人マッチングサービス”を提供する「会員制交際クラブ」が、密かに活況を迎えている。

都会なら『会員制交際クラブ』でもよいが、そうでない場合は、マッチングアプリやSNSを利用するほうが手軽である。

ハッピーメール公式サイト

ワクワクメール公式サイト

コロナの影響か、上記のサイトで活動している女性が急増している。

では、パパ活をはじめた現役CAの話の紹介です。

外資系航空会社でCAとして働く尾形麻衣さん(仮名・30歳)。彼女は2020年の夏に、国内最大手の交際クラブに登録して活動している女性会員だ。登録のきっかけは、新型コロナの流行によって国際線のフライトが激減したことだという。

「3月くらいからぱったりとフライトがなくなり、まったく仕事がないまま時間だけが過ぎていきました。夏になっても業務が再開される気配がなかったので、とても焦りましたね。今は志願したCAのみが搭乗する“フリーフライト”を実施しています」

彼女は現在、会社に籍を置きながらフリーランスで日本国内を飛ぶプライベートジェットのCAもしているというが、それでもフライトは月に2回ほど。「仕事があってもシビアな状況は変わらない」と、尾形さんは話す。

「収入が不安定になってしまったので、副業についてインターネットで調べていたところ、パパ活で副収入が得られることを知りました。パパ活ならスケジュールの管理がしやすいし、仕事を続けながらでも活動ができそう、と興味を持ったのが始まりです」

パパ活アプリやSNSなど、さまざまな選択肢があるなかで、尾形さんは身バレ回避や安全性を考慮して交際クラブでパパ活することを選んだという。

「もちろん、パパ活をしたら以前の自分には戻れないかもしれない、という怖さはありました。事前に調べている時点で“体の関係”がある可能性も知っていたので……。でも、当時は何もせずにただ時間だけが過ぎる状況のほうが怖かったので、思い切って飛び込みました」

月に100万円の“お手当”も

彼女が登録している交際クラブは男女ともに会員制。まずは、専用サイトで男性から気になる女性にオファーを出し、スケジュールを合わせてデートをする。

「入会当初は、一気に10件近いオファーをいただきました。初回は食事やお茶をします。はじめてのデートは『いったいどんな人が来るんだろう』と、緊張と不安でガチガチでしたが、男性が交際クラブの楽しみ方を熟知していたので優しくリードしてくれました。私も回数を重ねるごとに慣れていって、最近は肩の力を抜いて臨んでいます」

現在は、同時進行で3~4人の男性と継続してデートをしているという尾形さん。月に3回会う男性もいれば、月に1回の男性など、会う回数はまちまちだ。デートの頻度と同様、“お手当”の金額やデートの内容も相手によって異なるという。

「月契約で100万円近いお手当をいただいたり、自由に使えるクレジットカードを渡してくださるパパさんもいますね。デートの内容も、お食事だけの人もいれば、体の関係がある人もいるなど、さまざまです。経営者の男性やグローバルに活動している男性とお付き合いしているので、みなさんから仕事の話を聞くのは楽しくて勉強になります」

生活費の心配をせずに過ごせるようになった一方で、パパ活のリスクも認識している、と尾形さん。

彼女が入っているパパ活女子のLINEグループでは“悪いパパ”の情報も共有されるという。

「私は今のところトラブルに遭遇した経験はないです。でも、パパ活女子同士のグループLINEにはパパ活アプリを使っている女性たちから、いろいろな情報が共有されますね。

たとえば、会ったときに『大切なお金だから、別の場所のロッカーに置いてある』といわれてホテルに行き、行為のあとにカギを渡されて指定のロッカーを開けると、オモチャのお金が入っていた、という話も聞きました」

かなり遠方の待ち合わせ場所を指定され、その場所には誰も現れず男性とも音信不通……という被害に遭ったケースもあるという。

「パパ活アプリに比べて交際クラブはトラブル時の対応もしてくれるので、その点は安心感があります。ただ、女の子たちはトラブルが起きてもなかなか周囲の人に相談できないので、私を含めてLINEグループは心の拠り所になっていますね」

活動情報の共有は、彼女たちが身を護る手段のひとつなのかもしれない。尾形さんは、相手と初めて会ったときに受ける“第一印象”を重視しているという。

「トラブルをケアしてもらえるとはいえ、デート中に自分を護れるのは自分だけという状況は同じ。初回で会話をして体だけが目当てだと感じたら、お断りしています。

お互いに尊敬し合える関係を築きたい、という気持ちを伝えて、相手を傷つけないように配慮しつつ、目を見てお伝えするようにしていますね。期待を持たせてフェードアウトをするのは時間のムダだし、何より相手にも失礼ですから」

お互いにとって、時間をムダにしないことが一番、と尾形さんは語る。また、既婚男性との交際では、自らの気持ちに細心の注意を払っているという。

「本気で相手を好きにならないように気をつけています。先方の家庭を壊すのは本意ではないので、連絡をしすぎないようにしたり、お金が介在していることを言い聞かせて気持ちにブレーキをかけたりしている部分はありますね。気持ちを入れすぎてはいけない点は“普通の恋愛”との大きな違いだと思います」

パパ活の忙しさが増す一方で、今後もCAの仕事は続けたい、と尾形さんは話す。

「日本ではCAは花形の職業ですが、所属している航空会社の国では、気力と体力を使う過酷な仕事というイメージのほうが強く、私自身もそう思います。それでもCAの仕事がとても好きなので、ずっと続けたいです。

元々ポジティブな性格ですが、今思うように本業ができていないので、ネガティブになりやすい状況は変わっていないです。昨年はいろいろな決断を迫られましたが、自分が前向きに生きていれば、周りも自然といい方向に向かっていくような気がします」

2020年は、新型コロナに翻弄された尾形さん。彼女の2021年は、どんな1年になるだろうか。

本番(SEX)するために役立つ情報
必ず本ありのHがしたい方でデリヘル嬢に交渉が苦手な方は以下のページを参考にしてみてください!! 当たりハズレもありますが、楽しめると思います!!

北海道
青森
山形
群馬
長野
埼玉
千葉
東京
神奈川
富山
愛知
京都
大阪
兵庫
奈良
岡山
福岡
長崎

大人のニュース

風俗デリヘルで本番交渉の常識
基本的な本番交渉の方法は、デリヘルやホテヘルでも同じです。

非本番風俗で働いてる女は、お金が欲しいけど本番はしたくないから非本番風俗で働いてる。 お金が欲しく、ソープがないか非本番風俗で働いている。

と、とにかくお金が欲しいから働いてる。

ということで、本番をするために重要なのは以下となる。
POINT
  • 清潔、性病が無さそう。
  • 金を持ってるからお小遣いもらえる。
  • 金を持ってるからリピーターになってもらえる。
  • とにかく相手を誉める。
  • とにかく相手の話に同調する。バカなことを言っていても頷こう。

一番は、金が重要!!
金は命よりも大事!!


風俗嬢は100%全員、金が欲しい。

金が欲しいから風俗嬢をしてるのは間違いない。

風俗で本番をしたいならその場だけでも金を持ってることをアピールしないとだめということ。

◯◯の社長、◯◯の経営をしてるなど、なんでもよいが金がありそうな職業を言ってしまうのが効果がある!!

次に清潔感!!!

きたないのもダメだ。安くても良いので小ぎれいな服装、髪の毛がボサボサしていない、歯を磨く、爪を切って整える等、簡単なことでよいので、清潔にすることが大事!!!

後は、会話を上手くやることが大事!! 相手の言っていることが違うと思っても否定はしない。 同調してあげることが大事。

あいま、あいまで誉める! とにかく誉める!

そして、抜きの直前になったら本番交渉を行う。

抜きの直前が重要なので復唱!!


状況によって、次の言葉を言う。
POINT
  • 個人的なオプションはないの?
  • いつもはこんなことないんだけどエッチしたい
  • 入れたくなってきちゃった
  • 本番したいな
  • 入れたいんだけどだめかな

と言う感じを状況に合わせて使い分ける。

本番のオプション料金は、嬢にもよるが、1万が多い。

熟女だと5千円と言うのもあるし、女子大生だと3万~5万って言う女もいるぞ。

プレイ代とオプションで中々の額になってしまうのが難点!!

まぁ、上手く本番ができたときの感覚はたまらないが。。。

でも、額が額なので、出会い系、マッチングアプリで1万5千~2万で本番をするのも良く使う手ではある。

本番の交渉とかがないので、交渉というドキドキ感はないかもしれないが、とにかく本番がしたいときはかなり便利だし、当たりの肉便器を探すドキドキはあり面白い。。。

興味がある人は是非やってみてください。
とにかくセックス、本番がしたいなら
とにかく本番のセックスがしたい人!!

騙されたと思って出会い系、マッチングアプリを使ってください!!

ソープがある県ならソープ店に行けば必ず本番セックスができます。

デリヘルなら、本番セックスの交渉が上手ければ本番ができます!!

ソープ、デリヘルでも本番セックスができます、でも、決まった店まで行かなくてはいけない、本番の交渉をしなくてはいけないという条件があります。

でも、出会い系、マッチングアプリなら、どこでも、誰でもお金さえあれば必ず本番セックスができます。

それも、デリヘルより料金が安いのです。

デリヘルならホテル代+プレイ代+オプション代(本番代)で、3万近くはかかってしまいます。

しかし、出会い系、マッチングアプリならホテル代+1.5~2万で必ず本番セックスができます。

さらに、運が良ければ無料のセフレもできる可能性があります。

さらに、生本番で募集してる女(肉便器)もいるので生本番も簡単にできちゃいます。

とにかく、メンヘラの女(肉便器)が、世の中にはいっぱいいるのです。

出会い系、マッチングアプリが気にいらなかったら、アンインストールすればよいし。

最近の出会い系、マッチングアプリは架空請求はこないが、もしきたら無視すればよいだけだし!!

とにかく、マイナスな点がないのに何故、出会い系、マッチングアプリをしないんですか?

本番セックスをしたいのに何故、出会い系、マッチングアプリをしないんですか?

ってことです。

TVで紹介されたハッピーメールを使ってみんさい!!

みなさんのよい精活を。。。