パパ活を始めたキャバ嬢の体験談!
キャバ嬢と簡単にヤレる?


コロナで失職し「やることないからパパ活」始めたキャバ嬢の体験談の記事を見つけたので紹介です。

今なら、出会い系サイト、マッチングアプリで、ギャバ嬢とパパ活(セックス)ができてしまうチャンスということ!

では、キャバ嬢の体験談の紹介です。

コロナ失職「やることないからパパ活」始めたキャバ嬢の末路

2014年ごろからSNSを中心に広まった「パパ活」は、最近では専用アプリやサイトも登場し、さかんに利用されている。

ところが、最近では支援してくれるパパを募集する女性が男性よりも多いのではないかと言われる状況もあり、女性にとって辛いばかりの結果しか出ないことが少なくない。

新型コロナウイルスによって仕事を失い、パパ活に参入した元キャバ嬢についてレポートする。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、日本全国のいわゆる「夜の街」が壊滅的なダメージを受けているのは周知の通り。

どんなに対策を取っても客は来ず、それならばと廃業を決めた店舗も少なくない。

「5月分の給与も支払われず、最後は喧嘩別れのような感じで店を飛び出しました。

辞めたからといって他に仕事があるわけでもなく、地方にある実家に戻ろうとしても、東京から帰ってくるのはやめろと親に言われてしまいました」

東京都港区のキャバクラ店勤務だった瀬戸かおりさん(仮名・20代後半)が店を辞めたのは今年6月。

コロナの影響で客が減り続け、給与の未払いもあったことから、これ以上はやれないと感じてのことだった。

大学を卒業後、新卒で入社したエステ店は1年ほどで退職。それから5年ほどを、夜の街一本で過ごしてきた。

「最初は池袋の安いお店、そのあと渋谷、歌舞伎町と店を移って銀座や六本木に来ました。収入は多い月で120万円くらい。ホストに行ったりもしないし、貯金はワンルームマンションが買えるくらいはあるので、将来のことなどほとんど考えてきませんでした。この後何をやっていいかわからず不安で……」(瀬戸さん)

コロナ禍によって無職になり、初めて自分の置かれた現実と対峙した瀬戸さん。

アルバイトをしようにも仕事はなく、仕事を探そうにもスキルがなく、途方に暮れた。

そこで知り合いから教えてもらったのは「パパ活」だった。

「その子もずっとキャバ一本でやってきた子で、やることがないからパパ活やってるって感じで。体の関係持たずに、デートとかご飯だけでも本当にお金がもらえるっていうので、出会い系アプリに登録してやってみたんです」(瀬戸さん)

「パパ活」とは、主に若い女性が、自身の生活をサポートしてくれる「パパ」を探す活動をすること。

言葉だけを見ると、返済不要の奨学金をプレゼントしてくれる「あしながおじさん」を彷彿とさせ、瀬戸さん自身も、自身の「オンナ」を売りにして楽に稼げるものだと考えていたが、実態はもちろん違う。

「一応夜の街で、体一つで稼いできたという自負もありました。私をサポートしてくれる人がいるのだと思い、いろんな人と会いました。

ただ、パパのほとんどは体目的の人ばかり。

デートや食事中に『大人はどう?』と持ちかけられ断ると、レストランの食事代も支払わずバックれられたり、財布からお金を抜き取られて逃げられたり、そんなことばかりです」(瀬戸さん)

結局、体の関係を結ぶことなく援助をしてくれた男性は一人もいなかった。

一回会うごとに体を合わせ、2万円から3万円の現金を手渡してくれる男性は数人出来たが、自身のプライドは形がわからなくなるほどまで削られた。

瀬戸さんがやっと気づいたのは、自分の考えの「都合の良さ」だった。

「パパとか言いながら、結局は私にお金をくれる人を探していただけでした。体の関係がなければより良くて、ご飯とデートで相手も喜んでくれるはず、という思い上がりです。あちらだって当然、私のことを『体』としか見ていない。パパ活という言葉、すごくカジュアルに使われていますが実態は売春そのもの」(瀬戸さん)

キャバクラ嬢時代は、店を介して会う分、まだ客とキャバ嬢という関係が保てたし、性的な目で見られようと仕事なのだと割り切れた。

現在は、自分の体や時間をモロに削りながら、相手の黒い欲望のはけ口となることで金を稼ぐしかないのだ。

それでも、もうパパ活以外にやること、やれる事がなく、不安は増大するばかり。

「SNSなどで怪しいパパの情報を共有し、注意喚起を行いあったりして、今もパパ活を続けています。ただ、いつまでもこういうことはできないし、自分がダメになっていっているのは、よくわかっています。自分を大切にしていないのが自分だというふうにはっきり分かるようになりました」(瀬戸さん)

コロナ禍で浮き彫りになった現実。そしてその現実の中で、もがいていた瀬戸さんだったが、筆者の取材の後ほどなく、実家に帰ったと連絡が入った。

睡眠薬を大量に摂取したことから家族に心配され、連れ戻されたのだという。

パパ活が悪いとは言わないし、第三者に管理されない、本人の意思に基づく売春は違法ではない

ただ、パパ活が自身の糧になっているのか、自分を大切している行為なのかは、ぜひしっかり考えて欲しい。

自分自身を幸せにするのも不幸にするのも自分次第、あえて不幸になるような選択はするべきではないのだ。

POINT

このようにパパ活デビューする人が増加している!


いい女を肉便器にするチャンス!

パパ活に興味がある方は、まず出会い系サイトのハッピーメールを利用してみてください。

ハッピーメール公式サイト

ハッピーメールは出会い系サイト、マッチングアプリの大企業です。大手でかつ老舗であるため、経験値も高く品質が良いです。また、日本最大の2000万人の登録者もいます。

パパ活に慣れてきたか、より良い肉便器を見つけたい場合は、出会い系サイトのワクワクメールも利用してください。

ワクワクメール公式サイト

ワクワクメールは、登録者数が1000万人とやや少なめだが、若い女がやや多いイメージです。

より良いセックス相手を見つけるにはおすすめです。

せっかくのチャンスの波に乗り、火遊びをするのも、たまには良いのでは?

では、みなさん良い性活を。。。

本番(SEX)するために役立つ情報
必ず本ありのHがしたい方でデリヘル嬢に交渉が苦手な方は以下のページを参考にしてみてください!! 当たりハズレもありますが、楽しめると思います!!

青森
山形
群馬
長野
東京
富山
京都
大阪
奈良
岡山
長崎

大人のニュース

風俗デリヘルで本番交渉の常識
基本的な本番交渉の方法は、デリヘルやホテヘルでも同じです。

非本番風俗で働いてる女は、お金が欲しいけど本番はしたくないから非本番風俗で働いてる。 お金が欲しく、ソープがないか非本番風俗で働いている。

と、とにかくお金が欲しいから働いてる。

ということで、本番をするために重要なのは以下となる。
POINT
  • 清潔、性病が無さそう。
  • 金を持ってるからお小遣いもらえる。
  • 金を持ってるからリピーターになってもらえる。
  • とにかく相手を誉める。
  • とにかく相手の話に同調する。バカなことを言っていても頷こう。

一番は、金が重要!!
金は命よりも大事!!


風俗嬢は100%全員、金が欲しい。

金が欲しいから風俗嬢をしてるのは間違いない。

風俗で本番をしたいならその場だけでも金を持ってることをアピールしないとだめということ。

◯◯の社長、◯◯の経営をしてるなど、なんでもよいが金がありそうな職業を言ってしまうのが効果がある!!

次に清潔感!!!

きたないのもダメだ。安くても良いので小ぎれいな服装、髪の毛がボサボサしていない、歯を磨く、爪を切って整える等、簡単なことでよいので、清潔にすることが大事!!!

後は、会話を上手くやることが大事!! 相手の言っていることが違うと思っても否定はしない。 同調してあげることが大事。

あいま、あいまで誉める! とにかく誉める!

そして、抜きの直前になったら本番交渉を行う。

抜きの直前が重要なので復唱!!


状況によって、次の言葉を言う。
POINT
  • 個人的なオプションはないの?
  • いつもはこんなことないんだけどエッチしたい
  • 入れたくなってきちゃった
  • 本番したいな
  • 入れたいんだけどだめかな

と言う感じを状況に合わせて使い分ける。

本番のオプション料金は、嬢にもよるが、1万が多い。

熟女だと5千円と言うのもあるし、女子大生だと3万~5万って言う女もいるぞ。

プレイ代とオプションで中々の額になってしまうのが難点!!

まぁ、上手く本番ができたときの感覚はたまらないが。。。

でも、額が額なので、出会い系、マッチングアプリで1万5千~2万で本番をするのも良く使う手ではある。

本番の交渉とかがないので、交渉というドキドキ感はないかもしれないが、とにかく本番がしたいときはかなり便利だし、当たりの肉便器を探すドキドキはあり面白い。。。

興味がある人は是非やってみてください。
とにかくセックス、本番がしたいなら
とにかく本番のセックスがしたい人!!

騙されたと思って出会い系、マッチングアプリを使ってください!!

ソープがある県ならソープ店に行けば必ず本番セックスができます。

デリヘルなら、本番セックスの交渉が上手ければ本番ができます!!

ソープ、デリヘルでも本番セックスができます、でも、決まった店まで行かなくてはいけない、本番の交渉をしなくてはいけないという条件があります。

でも、出会い系、マッチングアプリなら、どこでも、誰でもお金さえあれば必ず本番セックスができます。

それも、デリヘルより料金が安いのです。

デリヘルならホテル代+プレイ代+オプション代(本番代)で、3万近くはかかってしまいます。

しかし、出会い系、マッチングアプリならホテル代+1.5~2万で必ず本番セックスができます。

さらに、運が良ければ無料のセフレもできる可能性があります。

さらに、生本番で募集してる女(肉便器)もいるので生本番も簡単にできちゃいます。

とにかく、メンヘラの女(肉便器)が、世の中にはいっぱいいるのです。

出会い系、マッチングアプリが気にいらなかったら、アンインストールすればよいし。

最近の出会い系、マッチングアプリは架空請求はこないが、もしきたら無視すればよいだけだし!!

とにかく、マイナスな点がないのに何故、出会い系、マッチングアプリをしないんですか?

本番セックスをしたいのに何故、出会い系、マッチングアプリをしないんですか?

ってことです。

TVで紹介されたハッピーメールを使ってみんさい!!

みなさんのよい精活を。。。