パパ活体験談から
パパ活女子が急増する理由を知る!


パパ活女子が増加している。

その理由は、SNS、出会い系サイトが年々便利になっているからだ。

手軽にできるあまり、パパ活女子が年々増加していっている。

男にとっては、若い肉便器を作るためのチャンス!

パパ活女子は、このように出会い系サイトでパパを探している。

出会い系サイトハッピーメールでのパパ活女子

出会い系サイトワクワクメールでのパパ活女子

パパ活をする女達の体験談をまとめました。

パパ活に興味を持った方は、彼女達の気持ちを知り、パパ活でのセックスライフに役立ててください。

「パパ活で稼ぐ」彼女たちの実像

「私の今の“定期パパ”は2人。パパ活を通して、ここ3カ月間で約10万円ほど稼いだ。友達の中には、パパ活を通じて200万円以上の貯金があるって子もいるよ。私はまだはじめて数カ月だけど、若い女の子と話したり、食事をすることを望むおっさんがこんなにたくさんいるんだってことにすぐに気づいた。だからこそ、いまこの若さを活かさない手はないと思ってる」

偏差値70を超える某国立大付属高校に通うマイさん(16歳、仮名。以下すべて登場人物は仮名)。黒髪のポニーテールヘアに、あらわになっているおでこと太めの眉、黒縁のメガネを合わせた風貌――。「真面目な女子高生」の典型のように映る彼女だが、マイさんはいま「パパ活」でおカネを稼ぐことに夢中だとして、その心境をこう漏らす。

「ちょっと気をつければ親からも学校からも絶対に身バレしないし、危険もない。だからお金が減ってきたら、適当におっさんとお茶したり、買い物行ったり、ご飯に行って手っ取り早くお金を稼ぐ。それが私にとってのパパ活かな」

男性との食事やデートの対価として、「お小遣い」を得る通称「パパ活」。数年前から散見されるようになった造語だが、その若年化が止まらない。言葉が出来た当初はOLや女子大生が中心だったが、いまは女子高生、あるいは女子中学生にまで及んでいる。ツイッターなどのSNSで、「#パパ活JC」、「#パパ活JK」、「#パパ活」といった検索をかけると、驚くほどの投稿数が目に留まるのだ。

筆者は知人を介して、パパ活をしているという複数名に取材をした。関西の高校に通う、ある女子高生はいう。

「多い時には、1日10通ほどのDM(ダイレクトメッセージ)がおっさんから届く。年齢が若ければ若いほど、“有利”になるから、アイコンには実年齢やJK(女子高生)という単語は必ずいれます」

食事やデートだけじゃなくて、セックスなどの性行為を持ちかける女子高生もいるという(「私はやりませんけどね」とこの女子高生は付け加えたが)。

未成年を対象とした援助交際、女子高生に性的サービスを提供させる「JKビジネス」などは、児童買春、各都道府県の青少年健全育成条例に接触する行為として、厳しく取り締まられてきた。だが、現在SNS上で活発化している「JKパパ活」は、ほぼ無法状態となっている。

POINT


そんな声が聞こえてくる。彼女たちは日常生活の延長線上かのようなライトな感覚でSNS上で「パパ」を探し、当然のように金銭を受け取っている。“パパ活”という、ポップな言葉の響きがそうさせるのか、事実上の「売春」「援助交際」を行っているという罪悪感や後ろめたさといった負の感情はほとんど感じられない。

それゆえに、気軽にパパ活を行う学生は後を絶たず、そのリスクを認識しているのかも怪しい。

彼女たちは、何を想い、どんなことがきっかけとなってパパ活に没頭していくのか。深刻な社会問題となるであろう「パパ活」の実態を知るため、そのリアルな声を拾った。

ケースA アキ(仮名・14歳 中学3年生)の体験談

「パパ活なしの生活は考えられない」

13歳からSNS上でパパ活を行っているというアキは、地方の公立中学に通う中学生だ。彼女は「もう、パパ活なしの生活は考えられない」と屈託なく話す。これまでにパパ活で稼いだ金額は50万円以上にものぼり、貯金も30万円以上あるという。

活動を始めたキッカケは、同じ中学の友人の誘いだった。

「信頼している友達から『手っ取り早くおカネを稼ぐ手段があるよ』って薦められ、パパ活に興味を持った。中学生だと、どこもバイトに雇ってくれないでしょ。私はアイドルグループの追っかけをしていて、その握手会のためにCDを買ったり、地方に遠征するのにお金が必要だったから。それで、軽い気持ちで食事やお茶くらいなら良いか、と思ったところがスタートだった」

POINT

♡JC2人(14と15)♡ 
♡料金(1人)
1時間:5000円
お金がなくてバイトもできない(><)
だからパパたちにお願いします。当日のお金は全てパパさん負担となります。
☓ダメなこと☓
・写真撮影、手つなぎ、ハグ、性行為、密室 などなど
詳しくはDMまってます♡優しいパパさんに出会えますようにっ!!


募集を始めてすぐ、JC(女子中学生)という単語に反応した男性たちから、twitter上で1日30通近い膨大なDMが送られてきた。その数に驚いたアキは、写真やメッセージなどから信用できそうと感じた男性とは会う機会を持ったが、やはり性的な関係を求められることが多く、辟易したという。

「やっぱり知らない人とエッチするのは怖いじゃないですか。でも、ある程度エッチなことをしないとなかなか『良い条件のパパ』に会えなくて、そこは悩んでる。だから、エッチはしないけど、“プチ援交”に近いような、ハグやキスをすることはあるよ。そういったオプションで、だいたい1000~3000円くらい別料金で貰ってる。

私の場合、手繋ぎが1000円、腕組み2000円、ハグ、キスが3000円。一番良いのは『定期パパ』を作ることで、一見さんのパパとたくさん会うのは効率も良くない。だから、そういう”プチ”をエサにしながら、パパの人となりを見極めているかな」

現在、アキには2人のパパがおり、1カ月に2度、計8時間程度会い、月平均で一人から10万円程度のお小遣いを得ているという。良いパパを「見抜く」方法として、社会的なステータスを重視していると、アキは続ける。

「1人は50代の有名企業の部長さんで、公園を散歩したり、ランチをしたりして、部長さんの仕事の愚痴や悩みを私がひらすら聞いている感じ。娘が言うことを聞いてくれない、部下がダメだ、残業が多いとか、そんなごく普通の内容だけど、パパは聞いてくれるだけで嬉しいみたい。もう1人は50代のお医者さんで、だいたい車の中で会うことが多いかな。

最初に出会ったときに『僕は社会的な地位があるから、危ない橋を渡れない』と言われて、本当は怖いからイヤなんだけど、車の中で会っています。車は高級車です。はじめて会った時は、『本当に中学生なの?』と執拗に聞かれて、学生証を見せろと迫られました。だったらこちらも、お医者さんの証明を見せてと言ったら、病院のIDカードを見せてくれました。

だいたいは少し遠方まで車で行き、映画を見たり、カラオケに行ったりという感じ。今はドライブ中に太腿を触ってきたり、降ろす時にキスをしてきたりくらいはする。でも、そうすると通常の料金より上乗せしてくれるから、よいパパだよ」

まずいことをやっている…という意識は希薄だ。彼女はいつまでパパ活をするつもりなのか。そう訊ねると、「高校生になるまでかな」という答えが返ってきた

「私はアイドルのおっかけをするためにお金が欲しい。そこは絶対に譲れない。でも、中学生は働けないでしょ?そうなると、答えはシンプル。他の方法でお金を稼ぐしかない。働く人がいなくて、コンビニも外国人ばかりなのに、中学生が働けないっておかしいでしょ。だから、私が悪いんじゃなくて、社会が悪いと思う」

アキの現在の夢は、早く高校生になりメイド喫茶でバイトをすることだという。

ケースB ノドカさん、ユイさん (17歳・高校2年生)の体験談

需要が多すぎる

普段は女子大生と偽って、パパ活を行っているというノドカ。実際は都内の私立高校に通う女子高生だ。身分を偽って活動する理由についてこう話す。

「女子高生だと明かすと、明らかな『ヤリ目』(セックス目的)の男性ばかり寄ってくる。昔、高校生と正直に書いたことがあって、男に言われるままネットカフェの個室に行ったけど、そこで覆いかぶさられて強引に犯されそうになったこともあって……。

男の財布を取り上げ、身分証と社員証を抜き取り『連絡するから』と言うと、慌てて逃げていったから助かったけど。それ以降、女子大生ということにして、最初は友達を連れて会うことにしている」

ノドカが通う高校では学校中にパパ活が蔓延しているという。クラスの複数人がパパ活経験者で、今月はどれくらい稼いだ、という会話が話題に上ることもあるという。

「ウリをやっている子と、そうでない子で分かれるけど、だいたい三分の一くらいの子はやってるかな。

私は生理的に無理な相手じゃなければ、ウリもやる。だって、そのほうがラクだもん。

これまでパパ活として会ったのが50人くらいで、そのウチ20~30人くらいはヤったと思う。時間も引き伸ばせるし、相手は必ずリピートするしね。

これまでの最高記録は一日に10万円超え。月でいうと、大体30万円くらいかな。私の友達でも、ウリはしないけど、プチでキス、ハグ、フェラで1万5000円のセットという子もいるよ。パパ活って本当に気軽で誰でもできちゃうから、真面目な子でもやってる。需要が多すぎるから、女子高生というだけで誰でもある程度の数のパパはつく」

ノドカと同じ学校に通うユイは、パパ活歴1ヶ月。週4日居酒屋でバイトをしているが、ユイからの誘いもあり、予定が会えばパパ活を優先しているという。

「家庭が裕福じゃなくて、進学費用の足しになればと思って、これまで3人のパパと会った。居酒屋の時給は1時間950円で、パパ活だと1時間5000円。単純な収入でいえば、5倍だから。

ただ、ちゃんとお金をもらえないこともあるんです。最初に会った人は、2時間で1万円プラス交通費の約束だったのに、帰り際に封筒を渡されて中身を確認したら3000円しか入ってなかったり。だから、みんなが言うほど私はパパ活がラクだと感じたことはない。だって、自分のお父さんくらいの男性の話を聞くのって、すごく大変で。基本はつまんない話しかしないから。

だから、極力自分の個人情報を出さないようにしながら、こっちが一方的に話す努力はしている。そのほうが相手も喜ぶし。ただ、私はあんまりそういう振る舞いができなくて、結構人の話を聞いちゃう性格なんですんね。だから、そういうところも含めて向いてないし、今後もどうしようか迷ってます」

また、ユイはパパ活に伴うリスクについても感じることがあるのだという。

「会う段階から、『絶対に制服で着てくれ』とか、『ハイソックスを履いてきてくれ』とか、『写メ』を送って欲しいとか、

すごく注文が多いんですね。そういう人とは極力会わないようにしているし、自分のことを『あ、私は商品なんだ」と認識しちゃう。それに、大人になった時に、お金の価値がわからなくなるんじゃないか、という怖さも感じているんです」

ハルカ(理系大学院生・25歳)の体験談

「普通の子」が手軽にやっている怖さ

ここで、大学生になってからパパ活を始めたという女性の話も聞こう。彼女の話からは、パパ活が時代と共に変化してきたことがよく理解できるはずだ。

某国立大の大学院に通うハルカは、パパ活歴7年という「ベテラン」でもある。大学院ではバイオ細胞の研究を専攻し、就職活動と研究の多忙な日々を送っている。そんな生活の中でも、月に3、4人とは定期的に会う時間を設けているという。

「学費のために、と考えてパパ活を始めたのが18歳の時。理系の学科なんで授業料が高く、奨学金の返済が出来るか不安だったんですね。当時は、出会い系サイトを使っていましたね。出会い系サイト内に“援助募集”というようなコミュニティがあり、そこからメッセージのやり取りをして、会う段取りをつけるという流れでした。

最初に会った男性が紳士的で、思いのほか会話も楽しかった。それで『あ、こんなに楽しいものなのか』と、思っちゃって。それで、休日に9時間くらい一緒に買い物したり、ご飯いったりして、5万円近くもらったのが最初の体験だった。

私の場合は、月に会う人数をある程度決めていて、それ以上は会わないようにしている。研究優先だし、あくまで私生活とは切り離している。“お客さん”とは恋愛関係になったこともない。そこを守っているから長く続けていけているんだと思います」

過去には、3年以上関係が続いたパパもいたという。現在援助を受けているパパも、1年間以上続いている「定期パパ」だという。肉体関係は絶対に結ばない、と断言するハルカだが、彼女と会うパパは何を求めているのか。

「私のように決して可愛くない女性にこそ需要があるんです」

とハルカは続ける。

「パパ活の世界では、ハタチを超えるともうオバサン。これが常識です。加えて私は容姿もごく普通のレベルだと自覚している。ただ、パパ活をしている男性は、普通に話をしたいだけという人もすごく多い。思春期の娘さんの悩みを聞いたり、仕事の愚痴を聞いたり、奥さんとの関係を聞いたり。だから、ひたすら聞き役に徹するように心掛けています。実はこれが一番大事なんだって気づきました。パパにとって私は疑似の娘でもあり、疑似の母親でもあり、恋人でもあるのかもしれません」

パパ活はなくならないし、形を変えて残り続けるというのが、この世界の「ベテラン」のハルカの見解でもある。

7年前と比較して、SNSという匿名性が強く、リスクヘッジが可能なツールの登場が、パパ活を行う女性達の絶対数を増やし、質すら変えているという。

「昔はやっぱり悪いこと、という意識が多少なりともあったと思う。それに、最終的にはセックスをしておカネを貰う、愛人のような関係になる人が周りにも多かった。

いまは本当に誰でも携帯一つでパパ活ができちゃう時代で、覚悟や怖さといった感覚がないのかも。

それは私自身も少し感じている。私のお客さんの中には、『タダ飯食って、こちらを楽しませる気がない子ばかり。お金の価値がわかってない』と怒っていた人もいるくらいで、若さを武器に手っ取り早くお金を稼ごう、という意識の女の子達が溢れている。それが、今のパパ活の現実なのかもしれませんね」

最後にハルカは、来夏に結婚予定の恋人がいることを明かしてくれた。だが、パパ活を行っていることに対して、婚約者に罪悪感を感じることはないという。

この「罪悪感のなさ」こそがパパ活に夢中になる若者たちの共通点だ。手軽であり、「誰でもやっている」という空気が、彼女たちの罪悪感を軽減しているのだろう。

各種機関も、この現状に危機感を抱いてはいるようだ。大阪府警はパパ活を行っている少女たちのSNS監視を強化し、待ち合わせ場所に現れた少女らを補導する「サイバー補導」を行っている。また、Twitter社も特定のキーワードに反応して、対象アカウントを凍結するなど対策を講じている。

しかしながら、捜査線や規制から抜ける方法はいくらでもあり、有効な抑止力とはなり得ていない。彼女たちの話からも「バレるわけがない」という余裕をひしひしと感じる。

だが「手軽さ」のウラには危険が潜んでいるということは、この社会の摂理だ。そう遠くない日に、「パパ活」を契機とした取り返しのつかない事件が起こるのではないかと筆者は危惧している。

本番(SEX)するために役立つ情報
必ず本ありのHがしたい方でデリヘル嬢に交渉が苦手な方は以下のページを参考にしてみてください!! 当たりハズレもありますが、楽しめると思います!!

青森
山形
群馬
長野
東京
富山
京都
大阪
奈良
岡山
長崎

大人のニュース

風俗デリヘルで本番交渉の常識
基本的な本番交渉の方法は、デリヘルやホテヘルでも同じです。

非本番風俗で働いてる女は、お金が欲しいけど本番はしたくないから非本番風俗で働いてる。 お金が欲しく、ソープがないか非本番風俗で働いている。

と、とにかくお金が欲しいから働いてる。

ということで、本番をするために重要なのは以下となる。
POINT
  • 清潔、性病が無さそう。
  • 金を持ってるからお小遣いもらえる。
  • 金を持ってるからリピーターになってもらえる。
  • とにかく相手を誉める。
  • とにかく相手の話に同調する。バカなことを言っていても頷こう。

一番は、金が重要!!
金は命よりも大事!!


風俗嬢は100%全員、金が欲しい。

金が欲しいから風俗嬢をしてるのは間違いない。

風俗で本番をしたいならその場だけでも金を持ってることをアピールしないとだめということ。

◯◯の社長、◯◯の経営をしてるなど、なんでもよいが金がありそうな職業を言ってしまうのが効果がある!!

次に清潔感!!!

きたないのもダメだ。安くても良いので小ぎれいな服装、髪の毛がボサボサしていない、歯を磨く、爪を切って整える等、簡単なことでよいので、清潔にすることが大事!!!

後は、会話を上手くやることが大事!! 相手の言っていることが違うと思っても否定はしない。 同調してあげることが大事。

あいま、あいまで誉める! とにかく誉める!

そして、抜きの直前になったら本番交渉を行う。

抜きの直前が重要なので復唱!!


状況によって、次の言葉を言う。
POINT
  • 個人的なオプションはないの?
  • いつもはこんなことないんだけどエッチしたい
  • 入れたくなってきちゃった
  • 本番したいな
  • 入れたいんだけどだめかな

と言う感じを状況に合わせて使い分ける。

本番のオプション料金は、嬢にもよるが、1万が多い。

熟女だと5千円と言うのもあるし、女子大生だと3万~5万って言う女もいるぞ。

プレイ代とオプションで中々の額になってしまうのが難点!!

まぁ、上手く本番ができたときの感覚はたまらないが。。。

でも、額が額なので、出会い系、マッチングアプリで1万5千~2万で本番をするのも良く使う手ではある。

本番の交渉とかがないので、交渉というドキドキ感はないかもしれないが、とにかく本番がしたいときはかなり便利だし、当たりの肉便器を探すドキドキはあり面白い。。。

興味がある人は是非やってみてください。
とにかくセックス、本番がしたいなら
とにかく本番のセックスがしたい人!!

騙されたと思って出会い系、マッチングアプリを使ってください!!

ソープがある県ならソープ店に行けば必ず本番セックスができます。

デリヘルなら、本番セックスの交渉が上手ければ本番ができます!!

ソープ、デリヘルでも本番セックスができます、でも、決まった店まで行かなくてはいけない、本番の交渉をしなくてはいけないという条件があります。

でも、出会い系、マッチングアプリなら、どこでも、誰でもお金さえあれば必ず本番セックスができます。

それも、デリヘルより料金が安いのです。

デリヘルならホテル代+プレイ代+オプション代(本番代)で、3万近くはかかってしまいます。

しかし、出会い系、マッチングアプリならホテル代+1.5~2万で必ず本番セックスができます。

さらに、運が良ければ無料のセフレもできる可能性があります。

さらに、生本番で募集してる女(肉便器)もいるので生本番も簡単にできちゃいます。

とにかく、メンヘラの女(肉便器)が、世の中にはいっぱいいるのです。

出会い系、マッチングアプリが気にいらなかったら、アンインストールすればよいし。

最近の出会い系、マッチングアプリは架空請求はこないが、もしきたら無視すればよいだけだし!!

とにかく、マイナスな点がないのに何故、出会い系、マッチングアプリをしないんですか?

本番セックスをしたいのに何故、出会い系、マッチングアプリをしないんですか?

ってことです。

TVで紹介されたハッピーメールを使ってみんさい!!

みなさんのよい精活を。。。