「渡部効果」で主婦が1万円で
援交・援助・パパ活し始めた


「渡部効果」でパパ活市場に大異変!?
フツーの主婦が1万円でウリを始める人が増加中!

「今でも妻を愛しています」

騒動の火付け役となった「週刊文春」にて謝罪インタビューが掲載されたものの、なかなか鎮火しそうにない。アンジャッシュ渡部建が起こした「不貞騒動」はいまだにくすぶり続づけている。

「6月27日に放送された『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)では、明石家さんまが渡部の不貞問題と活動自粛に触れて、『俺やったらテレビに出て、スポンサーが「降ろしてくれ」って言うまで出るけども』などと発言。お笑い芸人なら、この程度のことは笑いに変えるべき、というように、渡部を擁護するスタンスを見せました」

だが、ネットの反応は相変わらず、《さんまさんがフォローしても許せない!公共の場である多目的トイレを利用していたことが問題》

《相手の女性に1万円をわたして性行為だからね。要は買春。笑いで済む話ではない》

などなど、渡部バッシングが後を絶たない。

だが、その一方で、パパ活市場には意外な「渡部効果」をもたらしているという。

いわゆる「1万円情婦」が急増しているのだ。

「特に多いのは、20代〜30代の若い奥様系ですね。援助希望の書き込みが多いマッチングアプリでは

『1回1万円で。多目的トイレでもOKです(笑)』

なんて不謹慎な書き込みがやたら見受けられるようになったんです。明らかにアノ騒動をネタにしたコメントですが、これが意外と世の男性には魅力的に映るんだそうです」

マッチングアプリ歴3年という自称「渡部パパ」の30代男性会社員は言う。

「たった1万円で、渡部さんのように女性を“性処理”の道具として扱えるなら、夜のお店で遊ぶよりずっとスリリングじゃないですか? それにマッチングアプリで知り合う奥さんには、夫と離婚したくて仕方ないという人も多い。いわばコロナ離婚の一歩手前まで進んだという話をよく聞きます。一歩間違うと、別れたあとで『結婚を前提に交際しましょう』なんて本気で恋をされそうで怖いんですよね」

つまり、もともと不貞願望を持っていた既婚女性が、コロナ禍で不貞願望をためにためこみ、緊急事態宣言解除後に遊びまくっているということか。

その時に受け取る1万円は性の対価ではなく、「ワリキリ」であると自身を納得させるための“口実”のように見える。

それを裏付けるように、28歳の専業主婦はこう話す。

「これまでは欲求不満の解消を兼ねて、“ソレ専用”の男友達を作っていたんです。火遊びを楽しんだうえ、1万円のお小遣いをもらえるとなったら、主婦としてはほんと一石二鳥の有難い話なんです。いま妻子ある男性2人と不貞中なんですけど、今度から1回会うたび、1万円ぐらいもらおうかしら」

あの“グルメ王”渡部もやっていたんだから…という理由で密かに増え始めた「1万円情婦」。かつては金銭目的の既婚女性が、3万円程度の交通費を請求していたというから、かの不貞スキャンダルが「援交・援助・パパ活市場」におよぼした影響はかなり大きいと言えよう。

出会い系サイト、マッチングアプリで火遊びをしようと思ったかたは、ハッピーメールをオススメします。

ハッピーメール公式サイト

ハッピーメールは、2000万人の会員登録があり日本では最大手のひとつの出会い系サイトだからです。

次におすすめな出会い系サイト、マッチングアプリはワクワクメールです。

ワクワクメール公式サイト

ワクワクメールは、会員登録数は800万人とやや少なめだが若い人達に人気があります。

せっかく浮気相手、セフレを作るなら良い相手を見つけられた方がいいので、慣れてきたら2つとも利用することをおすすめします。

人生は一度きり、知らない世界に一歩踏みし楽しく生きてみるのもよいのでは。

アンジャッシュ渡部建のやり口

『佐々木希、逆上 アンジャッシュ渡部建「テイクアウト不倫」 相手女性が告白』

こうしたタイトルで報じられた、渡部の不倫記事の内容は、芸能人として致命的というより、家庭人としてはもちろんのこと、もはや、人として “オーバーキル”されてしまうレベルでした。

不倫相手の告白者の1人が、『週刊文春』に取材に対して赤裸々に語っています。

「たしかに、私と渡部さんは、多いときには週2回ほどエッチをする関係でした。トータルで30回以上は関係を持ったかもしれません。(中略)

(渡部が友達の家と言っていた)殺風景な空間で、玄関右手の寝室に入ると、いつでも彼はすぐに体を求めてきました。

でも、行為が終わった途端に帰したがるのです。私の脱いだ服を渡してきて『はい、これ』って。シャワーすら浴びせてもらえなかった。

いつも15分ほどで追い出され、帰り際には『またね』って必ず1万円札1枚を渡してきました」

そのうちに渡部が彼女に対して、「鬼畜」とも呼べる行為に及んでいくわけです。

「性のはけ口」にされたという彼女に対して、指定してきた場所こそが、六本木ヒルズの「多目的トイレ」です。

「彼は『地下駐車場の多目的トイレに来い』と言うのです。

エレベーターの前で落ち合って、トイレの鍵を閉めた瞬間、すぐにプレイが始まりました。『俺と会いたかった?』と聞いてきて、下半身をガバッと出し、舐めるように命令する。

ことが終わると彼はマスクをして帽子を被り、『LINEの文面を全部消して! 早く携帯見せて』と。キスから別れるまで3~5分という物凄い早さです。その後も彼はヒルズのトイレばかりを指定し…(後略)」

また、渡部と名古屋のクラブで知り合ったという別の女性も、テレビで見せる紳士的要素のカケラもない“性行為”に憤慨していました。

「部屋で缶ビールを手に乾杯した後、彼はベッドに寝ころんで『はい、やって』と口を含むように促してきました。縫い目が破れたカルバン・クラインのパンツを穿きながら迫ってきて、流れのままエッチをしてしまった。

でも、行為が終わると態度が一変し『明日仕事だよね。気をつけて帰ってね』と、すぐ帰るように促されました。滞在時間は約1時間。デリヘル扱いされたことが本当に悔しかった」

前出の女性に比べれば、1時間ならまだマシ…と思えてしまうくらいの展開ですが、さらに別の女性は、家でもトイレでもなく、渡部に思わぬ場所を指定されました。

『家に行くのは怖い。渋谷界隈で会議室みたいなところを借りよう』

そう、「会議室」での性行為を要求されたのです。

そんな渡部と不倫関係にあった女性たちが「しつこかった」と口を揃えるのは、「LINEのビデオ通話」…それは「変態」と呼んでもいいほどの「プレイ」でした。

「地方ロケで自宅にいないとき、彼は深夜にLINE電話をかけてくるのです。ビデオ通話のカメラをオンにしたところ、画面には渡部の下半身がドアップで映し出されていた。

お互いの自慰行為を見せ合う“相互鑑賞プレイ”が趣味で、毎回15分~20分ほど続き、彼はイキそうになると、トイレに駆け込むのです」(冒頭の不倫相手の女性)

また、別の女性には「ホテルに泊まるときはテレビ電話をしたいから大人の玩具を用意して待っていてほしい」とまで言っていたそうです。

渡部が『週刊文春』の取材に対して、女性たちが語った内容を認めたことを考えれば、たしかに事前にレギュラー番組の全降板を決めたのも頷けます。

日本一の美女ともいわれる女優の佐々木希さんを妻に持ち、1歳になる男の子がいる父親…少なくとも、テレビの視聴者の多くを占める主婦を中心とした女性たちから、“総スカン”を食らうことは目に見えています。

では、肝心の妻である佐々木さんはどんな反応を示したのでしょうか。

渡部は「妻にも説明し、謝罪した」と伝えられていますが、『週刊文春』の記事では、佐々木さんが「激怒」して「逆上」したともとれる内容が記されています。

これは『週刊文春』が渡部に直撃取材した時の内容です。

――六本木ヒルズの身体障碍者用のトイレで女性と性行為を行っていたという話があります。

「(早口になって)知りません。知りません」

――性行為でトイレをお使いになったことは?

「知りません、はい」

――結婚後にも女性に1万円を渡して、そういう行為をしていた?

「いや……」

ここで絶句した渡部は虚空を眺めて、「ちょっと車を停めてきていいですか」と記者に伝えたまま、戻ってくることはありませんでした。

その数時間後、渡部から不倫相手の女性たちに次々と電話が…。

「今日、文春の人が来て色々言われたんだけど、俺らが最後に会った日にちは覚えてる?」

そう、冷静な口調で渡部は「奥さんが隣にいるんだけど代わるね」と告げ、妻の佐々木さんが直接、電話口に出たそうです。

「あなた酷いですね。今の会話、録音してますから。嘘をついたら大変ですよ。

彼と最後に会ったのはいつ?…最後に彼と会ったのはいつなのか、そこはっきりして。

私たちが結婚したのが17年だから。その前なんですか、後なんですか?」

当然激怒し、逆上しているであろう妻の佐々木さんから、そう問い詰められ、裁判もちらつかせられ、女性は恐怖を覚えたといいます。

「結婚後に何度も肉体関係を迫ってきたのは渡部のほうで、彼女から誘ったことは一度もない。それはLINEの履歴にもしっかり残っています」

冒頭の女性の知人は『週刊文春』にそう語っています。

ひょっとしたら、渡部も「結婚前の出来事」にしたかったのかもしれませんが、『週刊文春』が握っているであろう「証拠」が一つや二つとは思えません。

頭の回転が速いであろう渡部であれば、この状況がすでに「詰んでいる」と、容易に想像できるでしょう。

だからこそ、記事が出る前に、テレビ及びラジオ番組、全レギュラー番組降板という前代未聞の決断に及んだのかもしれません。

渡部の妻佐々木希はガチ切れ!? 女性に片っ端から電話

記事に書かれていたのは、佐々木がB子さんという女性を問い詰めた場面のみだったが、佐々木による“詰め電話”は、その後も果てしなく続いていたのだとか。

「佐々木は渡部の携帯電話を取り上げ、登録者やLINEの友だち、着信履歴までチェックし、女性の連絡先を見つけるや、『あなたは誰ですか?』『夫とはどんな関係?』『最後に会ったのはいつ?』と、片っ端から問い詰めていったそうです。

夫が複数の女性と関係を持っていたことを知れば、その時点で愛想を尽かしそうなものですが、逆にここまでの行動に出ていたのであれば、やはりこの段階では、佐々木は離婚を考えてはいなかったのでしょう」(同)

しかし、夫の不倫を知った日から4日後の10日、佐々木は「文春」の早売り記事を読むこととなった。

「記事には野外フェスで女性といちゃつく渡部の写真が掲載されており、また多目的トイレで密会し、行為後に1万円を渡していたなど、衝撃的な内容が盛りだくさんでしたから、佐々木が知らなかった事実もあったでしょう。」

記事を読んでもなお、佐々木は「離婚はしない」という意思を貫いているのだろうか。

アンジャッシュ渡部建の浮気癖

そんな渡部の“素顔”がバレるのは「いずれ時間の問題だと思っていた」と語るのは、かつて“遊び仲間”だったという飲食店経営者のA氏だ。

「独身時代は普通じゃないレベルでした。毎日、夜を過ごす女性が違うとかは日常茶飯事。浮気しまくっていたゴルファーのタイガー・ウッズっているじゃないですか。

“僕、ウッズと同じでセックス依存症なの”って言ってましたからね。たしかに女性にはモテるんですけど、とにかく手を出しまくる。

自宅マンションに女の子を呼んでコトに及んでいる間、別の子をマンションの下に待たせていたこともあったそうです」

自ら“セックス依存症”と話していた渡部を象徴するのが『多目的トイレ』での不倫。六本木ヒルズ内の地下駐車場にあり、渡部が出演していたラジオ番組『GOLD RUSH』のスタジオもある。

「番組は生放送で、終了後にスタッフは軽い雑談をするのですが、渡部は終わった瞬間にダッシュでいなくなるんです。

それほど忙しいのか、それとも早く帰って家族に会いたいのかと思っていましたが、違ったんですね。多目的トイレに寄りたいから、あんなにスタジオを早く出て行ったんだとみんなあきれていますよ」(ラジオ局関係者)

そんな乱倫ぶりを発揮していた渡部には、女性を口説くときの“鉄則の3か条”があったとも。

「“絶対に自分から好きと言わない”“絶対に自分から付き合おうと言わない”“メールは使わない”の3つ。

メールしないのは証拠を残さないためで、“用件は極力、電話でしか話さないんです”って。

あと“これは”と思う女性と会うときは、基本的に1人だとも言っていました。よく連れて遊ぶ後輩芸人も“そういうときは絶対に連れて行かない”と。でも、それだけ用心深くても、やりすぎだったんでしょうね」(A氏)

アンジャッシュ渡部建、ギャバ嬢をお持ち帰り

コンプライアンス意識が高まった昨今、「女遊びは芸の肥やし」といった言葉は通用しない。

ルックスや知的さを売りとした“モテ芸人”として知られている渡部にとっては結婚後の”火遊び”だったのかもしれないが、どうやら結婚前から女性との交際関係が激しかったことは、周知の事実だったようだ。

同じ事務所の後輩にあたるおぎやはぎの2人が渡部を盛大にこき下ろしている。矢作兼は「世間と佐々木希ちゃんだけなんだよな。渡部を信用してるの」と先輩にあたる渡部を全くフォローしなかった。

おぎやはぎの2人は過去にも、渡部が結婚したタイミングで、ラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(TBSラジオ)で渡部の”遊び方”について語っていた。

「おぎやはぎは番組内で渡部を『ものすごい肉食だよ』と評し、

さらに『(渡部にとって佐々木は)セックスフレンドっていうことでしょ』と語っていましたね。

後輩芸人からそう言われるほど渡部の女遊びは度が過ぎていたということでしょうね。

私もある時、キャバクラでご一緒したんですが渡部は、めちゃくちゃモテていて、そのうちの1人と夜の街に消えていきました」(週刊誌記者)

セックスアニマルの異名
また、ほかの後輩芸人も渡部の遊び方についてこう証言してくれた。

「渡部はテレビで売れる前から遊び人として有名でした。芸人たちの間ではどの先輩がいかに遊んでるか話題にしたりしますが、渡部は持ち前のルックスで常に引く手あまた。

ファンをはじめ一般人まで、とにかくどんな女の子でも基本的に持ち帰るので、当時『セックスアニマル』と呼ばれていました」

知的さの裏に隠していた身勝手な”性獣”としての衝動を解放し続けた代償は、あまりにもデカかったのかもしれない……。

アンジャッシュ渡部建、元AV女優と3P?

「5年ほど前にアップされた動画なのですが、豊満なバストで人気を博したある元セクシー女優・Aが、渡部について言及しているんです。

Aはある有名人とプライベートで会ったことがあると話し、“『行列のできる法律相談所』に出ている芸人さん”、“アンジャッシュのイケメンのほう”という発言で渡部だということが明らかになるんです。

さらに“3人で”と、渡部とA、さらにもう1人のセクシー女優とで行為に至ったと暴露。

Aは“私は見ていた、見ているしかなかった”と、自分は参加しなかったと最初は言うんですが、“若干は混ざったけど(笑)”と、結局3人で行為に及んだと話しているんです。

Aの証言のみで、そのときの写真や動画があるわけではないため、これが事実かは分かりませんが、もし本当に事実だとすれば、渡部は5年前から結婚した現在までそういったことを続けていたということになりますよね……」(芸能記者)

本番(SEX)するために役立つ情報
必ず本ありのHがしたい方でデリヘル嬢に交渉が苦手な方は以下のページを参考にしてみてください!! 当たりハズレもありますが、楽しめると思います!!

青森
山形
群馬
長野
東京
富山
京都
大阪
奈良
岡山
長崎

大人のニュース

風俗デリヘルで本番交渉の常識
基本的な本番交渉の方法は、デリヘルやホテヘルでも同じです。

非本番風俗で働いてる女は、お金が欲しいけど本番はしたくないから非本番風俗で働いてる。 お金が欲しく、ソープがないか非本番風俗で働いている。

と、とにかくお金が欲しいから働いてる。

ということで、本番をするために重要なのは以下となる。
POINT
  • 清潔、性病が無さそう。
  • 金を持ってるからお小遣いもらえる。
  • 金を持ってるからリピーターになってもらえる。
  • とにかく相手を誉める。
  • とにかく相手の話に同調する。バカなことを言っていても頷こう。

一番は、金が重要!!
金は命よりも大事!!


風俗嬢は100%全員、金が欲しい。

金が欲しいから風俗嬢をしてるのは間違いない。

風俗で本番をしたいならその場だけでも金を持ってることをアピールしないとだめということ。

◯◯の社長、◯◯の経営をしてるなど、なんでもよいが金がありそうな職業を言ってしまうのが効果がある!!

次に清潔感!!!

きたないのもダメだ。安くても良いので小ぎれいな服装、髪の毛がボサボサしていない、歯を磨く、爪を切って整える等、簡単なことでよいので、清潔にすることが大事!!!

後は、会話を上手くやることが大事!! 相手の言っていることが違うと思っても否定はしない。 同調してあげることが大事。

あいま、あいまで誉める! とにかく誉める!

そして、抜きの直前になったら本番交渉を行う。

抜きの直前が重要なので復唱!!


状況によって、次の言葉を言う。
POINT
  • 個人的なオプションはないの?
  • いつもはこんなことないんだけどエッチしたい
  • 入れたくなってきちゃった
  • 本番したいな
  • 入れたいんだけどだめかな

と言う感じを状況に合わせて使い分ける。

本番のオプション料金は、嬢にもよるが、1万が多い。

熟女だと5千円と言うのもあるし、女子大生だと3万~5万って言う女もいるぞ。

プレイ代とオプションで中々の額になってしまうのが難点!!

まぁ、上手く本番ができたときの感覚はたまらないが。。。

でも、額が額なので、出会い系、マッチングアプリで1万5千~2万で本番をするのも良く使う手ではある。

本番の交渉とかがないので、交渉というドキドキ感はないかもしれないが、とにかく本番がしたいときはかなり便利だし、当たりの肉便器を探すドキドキはあり面白い。。。

興味がある人は是非やってみてください。
とにかくセックス、本番がしたいなら
とにかく本番のセックスがしたい人!!

騙されたと思って出会い系、マッチングアプリを使ってください!!

ソープがある県ならソープ店に行けば必ず本番セックスができます。

デリヘルなら、本番セックスの交渉が上手ければ本番ができます!!

ソープ、デリヘルでも本番セックスができます、でも、決まった店まで行かなくてはいけない、本番の交渉をしなくてはいけないという条件があります。

でも、出会い系、マッチングアプリなら、どこでも、誰でもお金さえあれば必ず本番セックスができます。

それも、デリヘルより料金が安いのです。

デリヘルならホテル代+プレイ代+オプション代(本番代)で、3万近くはかかってしまいます。

しかし、出会い系、マッチングアプリならホテル代+1.5~2万で必ず本番セックスができます。

さらに、運が良ければ無料のセフレもできる可能性があります。

さらに、生本番で募集してる女(肉便器)もいるので生本番も簡単にできちゃいます。

とにかく、メンヘラの女(肉便器)が、世の中にはいっぱいいるのです。

出会い系、マッチングアプリが気にいらなかったら、アンインストールすればよいし。

最近の出会い系、マッチングアプリは架空請求はこないが、もしきたら無視すればよいだけだし!!

とにかく、マイナスな点がないのに何故、出会い系、マッチングアプリをしないんですか?

本番セックスをしたいのに何故、出会い系、マッチングアプリをしないんですか?

ってことです。

TVで紹介されたハッピーメールを使ってみんさい!!

みなさんのよい精活を。。。