今(2020年)がお薦め、
出会い系サイトの新規登録者増加!?


新型コロナウイルスで、出会い系サイト、マッチングアプリの新規登録者が増加している!?

便利な素人肉便器が欲しい方は早めに

ハッピーメール

に登録することをお薦めします。

POINT

「明らかに新規と思える慣れてない登録者が今ものすごく増えていますよ。在宅で自由に使える時間が増えたから、出会い系サイト、マッチングアプリを始める人が増えているんでしょうね」


と話してくれたのは、出会い系サイト、マッチングアプリがどれぐらい結婚に結びついているのか昨年から進めている取材の中で知り合った、大手企業の派遣社員として働くユカさん(39歳)だ。

彼女は、マッチングアプリで婚活を始めて4年目になる。

POINT

引用:https://gendai.ismedia.jp/
articles/amp/71773


ユカさんは、東京都の緊急事態宣言の前の週から在宅勤務に切り替わった。

「でも、在宅ワークもないんです。うちの会社は機密資料が多いので、派遣社員は部外でそういった書類にタッチすることはできません。交代で週に1回オフィスでの勤務がありますが、とりあえずは、ほぼお休み状態です」

と話す。

急に空いた時間、「誰かと一緒にいたい」という気持ちは募るもの。

でも、ユカさんは「今回は、東日本大震災のときのような、“震災婚”みたいな展開にはならない感じがします」と話す。

今回の新型コロナウイルスでの婚活話の前に、9年前の出来事を少しだけ振り返ることにしよう。

感染症のジレンマ
震災婚のようにはならない

2011年の東日本大震災のとき、30歳だったユカさんは、半年前に同棲していた彼と別れ、一人だったという。

余震と計画停電の恐怖と不安で、誰でもいいから一緒にいてほしいと、元彼に「地震、大丈夫だったの? 怖すぎる……」とメールを送った。

その後、元彼はすぐにやってきて、焼け木杭に火が付いてしまった。

「震災から半年ぐらいは不安でずっといっしょにいました。でも、もともとぐうたらでヒモ的な彼の性格が嫌で別れたので、震災が落ち着くとその部分がやはり嫌になって、再び別れました。ただ、震災時の不安な時期は、彼がいたことで一時的ですが不安感が消えたことは事実です」

不安は人恋しさを募らせ、恋愛に発展しやすくする。今回の新型コロナウイルスも外出自粛でストレスが溜まるし、感染への不安も高まる。

まさに、人恋しさMAXだ。

「確かに、不安感はありますよね。一人だとこれからどうなるんだろうって。彼がいたらって気持ちはめちゃくちゃ感じます。

でも、今回は“感染症”ですよね。信頼できる相手、きちんとつき合っている彼であれば、“いっしょにいよう”、“そばにいて”という話もなりますが、信頼関係が築けていない相手だと、逆に“あいつは大丈夫なのか?”という気持ちにもなる。

いいなと思っていた相手でも“感染させられたら嫌だな”ってなってしまう。うまくいえないんですが、自分の中にある本音が、新型コロナウイルスで明らかになるというか。

ちょっと前まで、マッチングアプリで、メッセージだけやり取りしてキープしている人が3人、直接会った人が2人いました。彼らとのやり取りの中で、日々いろんな感情が明確になって、いろんなことが見えてきました」

一体、ユカさんはどんな出来事と感情に揺れているのだろうか。ユカさんの出会い系サイト、マッチングアプリ歴とともに、詳しく話を聞くことにした。


POINT

やっぱり多い既婚者。
それでもやめられない理由


ユカさんは、出会い系サイト、マッチングアプリを初めて4年。その間、結構いい線まで行ったのに別れてしまった相手もいた。

「出会い系サイト、マッチングアプリでありがちなパターンです。直接会うようになっていい感じになって、デートを重ね、体の相性も悪いなと、そろそろ真面目につき合おうかなと思うと相手の様子がなんかおかしい。

詳しく問い詰めると既婚者だったというパターンが2回ありました。Facebookと連動しているとか、個人情報がきちんとしているとか言っても、みんなその上をついて嘘をついている。

既婚者は本当にたくさんいますからね……。

あとは、メッセージまでは感じがよかったのに、直接会ったら、“そうか……、彼女がいない理由わかるな……”って思うほど相手への配慮がない人だったり、自分のことしか話さない人だったり……。

まぁ、私も相手から見れば“おまえもそんなんだから彼氏がいないんだろう”って思われているのかもしれませんし、それはお互い様かもしれないんですが……(笑)」

そんな失敗を繰り返して、マッチングアプリを離れていた時期もあったという。でも、マッチングアプリは一度ハマると、ゲーム依存にも似た中毒性があるとユカさんは指摘する。

「嫌気がさして一時的にはやめますが、寂しい気持ち、人恋しい気持ちが募ると、また始めてしまう。その繰り返しです。

だって、簡単にアクセスすることができる、ある意味最高の暇つぶしにもなるんです。

しかも、自分の存在に対して“いいね”と承認してくれる人もいるわけです。

やってない人から見ると、“リアルじゃないのに何言っているの?”と思ってしまうかもしれませんが、

この“救済感”はなんというか瞬間的に効く特効薬みたいなものなんですよね。

さみしいときの頓服剤というか。もちろん、真面目に婚活って人もいるのかもしれませんが、結局は“結婚出来たらラッキー!”くらいの私みたいな人が多んじゃないかなって思います」

POINT

こういう肉便器が狙い目です!!
出会い系サイト、マッチングアプリには、こういう女がたくさんいます!!



ここ1年、仕事が忙しくマッチングアプリ離れをしていたユカさんだが、昨年11月ぐらいから、またコンスタントにアクセスするようになっていた。

「来年40歳と思うと、もう本当に後がないと思って。一般的にみたら、めちゃくちゃ遅い婚活で合コンにはお呼びもなくなっちゃいましたが、

出会い系サイト、マッチングアプリの場合、私の年齢でも意外と需要はあります。

1月頭ぐらいから、会社帰りに食事をしたり、休日にデートをする人が2名。

一人は大手メーカー勤務の42歳でバツイチのAさん。

もうひとりは通信勤務で45歳のBさんです。

何度か、既婚者だったというケースで失敗しているので、すぐに関係を結んだりせずに、慎重に信頼できる相手か見極めるようと思っていました」

そんな決心のもと、LINEでのやり取りや会社帰りの食事などで交流を深めていったユカさんだが、2月ぐらいから世の中の空気が変わってくる。

新型コロナウイルスで生活が徐々に変わり始めたことが、マッチングの関係に影響を及ぼし始めたのだ。

「まず、Bさんは2月末に早々に完全在宅勤務になりました。

そうしたら、頻繁に連絡が来るようになりました。

それまでは朝の通勤途中にLINEが送られてきたのに、昼夜かまわず、メッセージが来るようになりました。

私は当時、まだ普通に勤務していたので、正直“なんだ?”という感じに。

さらに、在宅勤務で暇なのか、寂しいのか、やたら“会おう”“会いたい”と連絡が来るんです。

“会社まで迎えに行く”とか……。“何時に終わるの?”とか……。

もうそのメッセージにぶち切れました。

うれしい気持ちには一切なれず、“あんたみたいに暇じゃないんだよ!

こっちは感染するかもしれないのに満員電車乗って通勤してんだよ!”と怒りしか感じませんでした」

しばらくは「今仕事中だから」などと律義に返信していたユカさんだが、

1日10通以上送られてくる「会おう」のあまりのしつこさに、「この時期に会いたいなんて、濃厚接触する気か!」とあきれ果て、BさんのLINEをブロックしたという。

「もう少しつき合いが深くなっていたら、感情も違っていたのかもしれませんが、結局はBさんは、Aさんと天秤にかけていたというかキープ状態だったんですね。

ちょっといいかもと思っていましたが、今回の件で、相手の冷静さがない態度に、たいして好きではなかったんだという自分の本音が見えた気がしました。

これは意見が分かれるところかもしれませんが、私は今回この時期に、会いたい会いたいと感情だけで迫られるよりも“会いたいけど、今はお互いのため会えないけど、その分メッセージで信頼感を強めよう”と考える男性のほうがいいなと思ってしまいます」とユカさんは言う。

本命Aさんが在宅勤務に、
そして疑惑が濃厚に……!

Bさんにゲンナリしたユカさんだが、本命はAさんだ。

大手メーカー系のAさんが在宅になったのは、Bさんよりも遅く、4月に入ってすぐだったという。

Aさんとはもう少し関係性を伸展させてもいいかも、と思っていたユカさん。

実は、直接的な関係はまだ持っていないが、LINEを通しての通称“LINEセックス”と呼ばれるオンラインセックスは1度経験済だったという。

この期間にできるだけ信頼感を積み重ねて、自粛が明けてから関係を深めたいと思っていた。

ところが、「明日から在宅勤務なんだ」という連絡とともに、Aさんの連絡に不自然さが付きまとうようになった。

「まず、既読がなかなかつかなくなったんですね。最初は、慣れない在宅ワークでテンパっているのかしら? と思っていました。

でも、よく考えれば在宅の場合、仕事はしていても、ずっとオンラインで会社に見張られているわけではないですよね。

さらに、メッセージが夜中、しかもかなり深めの時間に来るようになって……。

以前も夜中にメッセージのやり取りをすることはありました。

でも、既読がつかなくてやっとついたと思って時間をみると深夜12時を回っていることが多くて。

LINEのメッセージを読む時間もないというのはなんか不自然だなと……。

なんか変だなと思って、アプリの彼のIDのログイン表示をチェックしてみると、いつもログインしている時間帯に一向にオンライン表示にならない。

調べると長時間ログインしてない、もしくは今までと明らかに違う時間帯にログインしていることがわかってきたんですね。

これって……、もしかしたら近くに誰かいるから操作できないってことだよね? と感じるようになりました」


こんな日が5日続いた先週末、思い切って、Aさんに「もしかして、近くに誰かいるの? だから既読にならないの?」と送ってみたユカさん。

それから、3時間後になんと、LINEをブロックされたという。

「もう笑うしかありませんでした。今度こそ、既婚者をつかまないように、慎重にと思っていたのですが、Aさんも既婚者か、同棲している彼女がいる人だったのでしょうね。

在宅ワークで、奥さんや子供が近くにいるから、安易に連絡が取れないという人は多いと思います。

今回は、本当の意味では濃厚接触してなかったから被害は少ないですが、真面目にいいなと思っていたので、結構ショックでした。でも、早くわかってよかったんだと思うようにしています」と話してくれた。

POINT

肉便器の獲得チャンスを逃さないように、まめに連絡することが大事!!


またも失敗をしてしまったユカさんだが、しばし出会い系サイト、マッチングアプリを離れるかというとそとは言い切れないという。

POINT

出会い系サイト、マッチングアプリに肉便器が多いのはこういう女がいるおかげ。。。


「やっぱり今回の自粛って、外にも出られない。人とのコミュニケーションを遮断されているから、

人に飢えてしまうというか、人恋しくなってしまう部分があって。

そういった意味では出会い系サイト、マッチングアプリはその部分を埋めてくれる部分は大きいと思うんです。

POINT

寂しさを埋めてあげれば、肉便器の完成です。


でも、今直接会えないからこそ、しっかり相手をみることができる。

私のように、既婚を見破ることができる可能性もあると思うんです。

本当の意味でいい人が探せるチャンスかもしれないとも思うことにしました。

ただし、浮気願望が強い既婚者や日常的に遊んでいる既婚者の男性も自粛でうんざりしてそのはけ口を探しているケースは多いと思います。

だからこそ、濃厚接触(笑)は極力自粛がいいかもしれませんね(笑)」

今回は、ユカさんひとりのケースだが、このような寂しさを埋めたい女性がたくさんいるのが事実です。

コロナでマイナスなことばかりではなく、利用するのもありなのでは!?

では、みなさんの良い精活を

本番(SEX)するために役立つ情報
必ず本ありのHがしたい方でデリヘル嬢に交渉が苦手な方は以下のページを参考にしてみてください!! 当たりハズレもありますが、楽しめると思います!!

青森
山形
群馬
長野
東京
富山
京都
大阪
奈良
岡山
長崎

大人のニュース

風俗デリヘルで本番交渉の常識
基本的な本番交渉の方法は、デリヘルやホテヘルでも同じです。

非本番風俗で働いてる女は、お金が欲しいけど本番はしたくないから非本番風俗で働いてる。 お金が欲しく、ソープがないか非本番風俗で働いている。

と、とにかくお金が欲しいから働いてる。

ということで、本番をするために重要なのは以下となる。
POINT
  • 清潔、性病が無さそう。
  • 金を持ってるからお小遣いもらえる。
  • 金を持ってるからリピーターになってもらえる。
  • とにかく相手を誉める。
  • とにかく相手の話に同調する。バカなことを言っていても頷こう。

一番は、金が重要!!
金は命よりも大事!!


風俗嬢は100%全員、金が欲しい。

金が欲しいから風俗嬢をしてるのは間違いない。

風俗で本番をしたいならその場だけでも金を持ってることをアピールしないとだめということ。

◯◯の社長、◯◯の経営をしてるなど、なんでもよいが金がありそうな職業を言ってしまうのが効果がある!!

次に清潔感!!!

きたないのもダメだ。安くても良いので小ぎれいな服装、髪の毛がボサボサしていない、歯を磨く、爪を切って整える等、簡単なことでよいので、清潔にすることが大事!!!

後は、会話を上手くやることが大事!! 相手の言っていることが違うと思っても否定はしない。 同調してあげることが大事。

あいま、あいまで誉める! とにかく誉める!

そして、抜きの直前になったら本番交渉を行う。

抜きの直前が重要なので復唱!!


状況によって、次の言葉を言う。
POINT
  • 個人的なオプションはないの?
  • いつもはこんなことないんだけどエッチしたい
  • 入れたくなってきちゃった
  • 本番したいな
  • 入れたいんだけどだめかな

と言う感じを状況に合わせて使い分ける。

本番のオプション料金は、嬢にもよるが、1万が多い。

熟女だと5千円と言うのもあるし、女子大生だと3万~5万って言う女もいるぞ。

プレイ代とオプションで中々の額になってしまうのが難点!!

まぁ、上手く本番ができたときの感覚はたまらないが。。。

でも、額が額なので、出会い系、マッチングアプリで1万5千~2万で本番をするのも良く使う手ではある。

本番の交渉とかがないので、交渉というドキドキ感はないかもしれないが、とにかく本番がしたいときはかなり便利だし、当たりの肉便器を探すドキドキはあり面白い。。。

興味がある人は是非やってみてください。
とにかくセックス、本番がしたいなら
とにかく本番のセックスがしたい人!!

騙されたと思って出会い系、マッチングアプリを使ってください!!

ソープがある県ならソープ店に行けば必ず本番セックスができます。

デリヘルなら、本番セックスの交渉が上手ければ本番ができます!!

ソープ、デリヘルでも本番セックスができます、でも、決まった店まで行かなくてはいけない、本番の交渉をしなくてはいけないという条件があります。

でも、出会い系、マッチングアプリなら、どこでも、誰でもお金さえあれば必ず本番セックスができます。

それも、デリヘルより料金が安いのです。

デリヘルならホテル代+プレイ代+オプション代(本番代)で、3万近くはかかってしまいます。

しかし、出会い系、マッチングアプリならホテル代+1.5~2万で必ず本番セックスができます。

さらに、運が良ければ無料のセフレもできる可能性があります。

さらに、生本番で募集してる女(肉便器)もいるので生本番も簡単にできちゃいます。

とにかく、メンヘラの女(肉便器)が、世の中にはいっぱいいるのです。

出会い系、マッチングアプリが気にいらなかったら、アンインストールすればよいし。

最近の出会い系、マッチングアプリは架空請求はこないが、もしきたら無視すればよいだけだし!!

とにかく、マイナスな点がないのに何故、出会い系、マッチングアプリをしないんですか?

本番セックスをしたいのに何故、出会い系、マッチングアプリをしないんですか?

ってことです。

TVで紹介されたハッピーメールを使ってみんさい!!

みなさんのよい精活を。。。