「パパ活アプリ」で出会った美女と、
衝撃のパパ活リアル体験


今や、男女の出会いの主流となった「マッチングアプリ」。特に人気なのはハッピメール!

ハッピーメール公式サイト

POINT

スマホ一つで相手を探せるという利便性は、出会い方だけでなく男女関係そのものにも大きな変化をもたらしたようです。


「パパ活アプリ」にハマったきっかけ

「……パパを始めたきっかけですか? 知人からアプリを紹介されたんです。ええ、いわゆるパパ活アプリってやつです」

20時閉店が間際に迫ったカフェバーで、大貫はちょっとの躊躇も見せずに語り始めた。お酒が大好きらしく、取材中にも関わらず2杯目のウィスキーもまもなく空になりそうだ。

「みんな大っぴらに言わないだけで、使ってる奴は周りにいっぱいいますよ。経営者も医者も弁護士も、名のしれた会社のサラリーマンもね」

そういう大貫は代々続く不動産会社の経営者である。30歳を前に一度結婚したが40歳で離婚。小学生の娘は母親と暮らしており、大貫は都心のマンションで独身生活を謳歌しているらしい。

そんな中、余った時間と金でパパ活遊びを楽しんでいるのか……なんて邪推していると、大貫は見透かすような視線を向けてから意外な言葉を口にした。

「いかがわしい想像をされているかもしれないけど、僕と“彼女”はプラトニックなんですよ」

食事は1回1.5万、“大人”は1回5万円

「見てください。すごい美人でしょう?」

そう言って、大貫は頬をほころばせながらスマホ画面を差し出した。そこには、思いがけず品の良い清楚な美女が綺麗に揃った白い歯を見せていた。

「彼女は某企業の秘書室にいる、27歳の普通のOLです。頭がいいから話をするのも楽しいし、気遣いもできるし……月に1~2度食事に行くだけの関係だけど、彼女が今いちばんのお気に入りかな」

スマホに保存された“彼女”の写真を眺め、大貫は幸せそうに笑う。その表情は恋する男の顔そのものだ。

あやうく、いわゆる普通の恋愛をしているのかと勘違いしそうになる。しかしそこはやはりパパ活のルールに則った上での関係であるらしい。

「彼女と食事に行くと、1回1.5万円を渡しています。もちろん食事代は別でね」

大貫は事もなげに言い、かろうじて残っていたウィスキーを飲み干した。

しかし本当に、月に1~2度食事に行くだけの関係なのだろうか。訝しんでいると、彼は再びこちらの思考を読み取ったらしく「はいはい」と言わんばかりに頷いて弁解を始めた。

「もちろん“大人”をしている女の子もいますよ。あ、“大人”っていうのは肉体関係のことね。1回5万円を払ってセックスする相手も他にはいるんだけど、彼女は“大人”抜きを希望してるし、僕も彼女に対して別にそういうのは望んでないからさ」

神妙な面持ちでそう言うと、大貫はスマホの中の女性に向かって話を続けた。

「もしかしたら彼女には、僕以外に太いパパがいるのかもしれない。まあそれは仕方ないよね、嫌だけど……仕方ない。ただ彼女は僕の前では一切、他の男の影を出さないんですよ。そういうところも賢いなぁと思うんだよね」

男は美人の笑顔にめっぽう弱い

「何より、彼女の笑顔をみると元気になれるんですよ。僕は仕事人間で仕事が大好きだけど、それでもやっぱりストレスまみれだから。それが彼女に会うと、ピュアな心に癒されるって言うか……」

大貫曰く、たとえば景色の良いレストランなどに連れて行くと、彼女は「素敵!」「こんなところ初めて!」と大袈裟なまでに喜んでくれるのだという。

「僕なんかはもう、グランメゾンに行っても夜景の綺麗なレストランに行っても感動なんかしないわけ。だけど彼女が喜んでくれたら特別になるじゃない。それが演技だろうとなんだろうと嬉しいですよ。男ってのは結局、美人の笑顔に弱いものだから」

バカだよなぁと笑ったが、彼はそう言いながらも満たされた表情だ。

大貫にとっては、一緒に楽しく食事をしてくれ、仕事の疲れを癒してくれる相手に支払う対価が食事代+1.5万円だなんて安いものなのかもしれない。

しかし不思議なのはパパ活を始めた彼女の側の「動機」である。

正社員で働いているならば、少なくとも生活に困っているわけではないだろう。高級レストランに行ってみたいとか、ハイブランドのバッグが欲しいとか、そういう理由なのだろうか。

「少しでも贅沢したいんだと思いますよ。だって、たとえ大企業だろうと秘書の給料なんてしれてるじゃないですか。彼女は地方出身だから一人暮らしだし、家賃と光熱費で半分は消えるんじゃない? さらにそこから洋服だって美容代だってかかるわけで……足りないでしょう、どう考えても」

大貫自身は、比較的恵まれた環境で育った男だ。

だからこそ、何度かデートを繰り返すうち、都心で一人苦労しながら暮らす彼女を助けてあげたいと願うようになったという。

「僕は曲がりなりにも経営者で、人を見る目はある。それで実は……彼女にこんな提案をしたんです」


月額15万円で契約締結!?

彼女に少しでも贅沢させてやりたい。彼女の笑顔をもっと見たい。

何かしてあげられることはないかと考えた結果、大貫は一つのアイデアを思いついた。

「僕、本業とは別でやっているスモールビジネスがあって。お酒はやめられないんだけどこう見えて健康志向だからさ(笑)実はサプリメントの開発とかしてるんだよね。そっちの事務作業をちょうど誰かに頼みたいところだったから……彼女に月額15万で発注したんですよ」

もちろん彼女は大喜びで大貫の提案を受け入れた。会社の給与にプラスして月額15万円の副収入……それは彼女にとっても相当ありがたい話に違いない。

そんなわけで、大貫と彼女は現在、パパ活の相手というだけでなく雇用関係もあるのだった。

大貫は先ほど自身を「見る目がある」と自負していたが、実際、彼女の仕事ぶりは想像以上だったという。

「長年OLをしてきただけあり、事務処理能力が高いんですよ。これまでぐっちゃぐちゃだったエクセルが見違えるほど使いやすくなって感動しました。仕事も早いし、こちらが1を言えば10を返してくれる。かなり満足しています」

彼女がいかに有能な女性であるかをひとしきり語り終えると、彼は独り言のようにしみじみと呟いた。

「まさか、パパ活アプリでこんなに素敵な女性と出会えるとは思いませんでした。世の中的には理解されないだろうけど……僕としては、紹介してくれた知人に感謝しかないですね」

パパ活に見出した希望

大貫の話を聞いていると、ふいに「あしながおじさん」のストーリーが思い出された。

孤児院で育った少女ジュディの文才が資産家の目に留まり、毎月手紙を書くことを条件に大学進学のための奨学金を受ける……というアメリカの児童文学である。

大貫の彼女は孤児院育ちではない。しかしパパ活アプリを通じて経営者の目に留まり、文才の代わりに美貌と気立ての良さを買われ、毎月2回の食事デートと引き換えに3万円+月額15万円の仕事を手に入れたのだ。

「僕は特段の趣味もなく、離婚して家族もいない。彼女と出会うまでは、仕事ばかりで味気ない日々だったんですよ」

そんな大貫の単調な毎日がパパ活アプリのおかげで輝いた。彼女と出会い、彼女が自分のしてあげたことで喜んでくれるのを見ると、それだけで報われる気がするのだという。

「性的な欲望が皆無とは言わない。だけどそんなことより僕は彼女を喜ばせたいし、幸せにしてあげたいと思っています。僕も際限なくお金があるわけじゃないから、もちろんできる範囲で、ですけど」

パパ活アプリと聞くと、どうしても女性蔑視や性的搾取のマイナスイメージが先行してしまう。

POINT

コロナ禍で貧困に陥った若い女性がパパ活アプリに流れているという話も耳にするし、実際に多くの問題を抱え社会問題化していることは間違いない。


ただ、かなりレアケースではあると思うが、中には大貫と彼女のようにwin-winとなり得る出会いもあるのかもしれない。

POINT

この体験談では、『食事は1回1.5万、“大人”は1回5万円』となっているが、自分の体験では、『食事は1回1万、“大人”は1回2万円(ゴム有り)、1回3万円(ゴム無し)』の女の人が多い!

少し前までは、1.5万円(ゴム有り)が普通だったのだが、やや相場が上がった気がしているのが残念。。。


本番(SEX)するために役立つ情報
必ず本ありのHがしたい方でデリヘル嬢に交渉が苦手な方は以下のページを参考にしてみてください!! 当たりハズレもありますが、楽しめると思います!!

青森
山形
群馬
長野
東京
富山
京都
大阪
奈良
岡山
長崎

大人のニュース

風俗デリヘルで本番交渉の常識
基本的な本番交渉の方法は、デリヘルやホテヘルでも同じです。

非本番風俗で働いてる女は、お金が欲しいけど本番はしたくないから非本番風俗で働いてる。 お金が欲しく、ソープがないか非本番風俗で働いている。

と、とにかくお金が欲しいから働いてる。

ということで、本番をするために重要なのは以下となる。
POINT
  • 清潔、性病が無さそう。
  • 金を持ってるからお小遣いもらえる。
  • 金を持ってるからリピーターになってもらえる。
  • とにかく相手を誉める。
  • とにかく相手の話に同調する。バカなことを言っていても頷こう。

一番は、金が重要!!
金は命よりも大事!!


風俗嬢は100%全員、金が欲しい。

金が欲しいから風俗嬢をしてるのは間違いない。

風俗で本番をしたいならその場だけでも金を持ってることをアピールしないとだめということ。

◯◯の社長、◯◯の経営をしてるなど、なんでもよいが金がありそうな職業を言ってしまうのが効果がある!!

次に清潔感!!!

きたないのもダメだ。安くても良いので小ぎれいな服装、髪の毛がボサボサしていない、歯を磨く、爪を切って整える等、簡単なことでよいので、清潔にすることが大事!!!

後は、会話を上手くやることが大事!! 相手の言っていることが違うと思っても否定はしない。 同調してあげることが大事。

あいま、あいまで誉める! とにかく誉める!

そして、抜きの直前になったら本番交渉を行う。

抜きの直前が重要なので復唱!!


状況によって、次の言葉を言う。
POINT
  • 個人的なオプションはないの?
  • いつもはこんなことないんだけどエッチしたい
  • 入れたくなってきちゃった
  • 本番したいな
  • 入れたいんだけどだめかな

と言う感じを状況に合わせて使い分ける。

本番のオプション料金は、嬢にもよるが、1万が多い。

熟女だと5千円と言うのもあるし、女子大生だと3万~5万って言う女もいるぞ。

プレイ代とオプションで中々の額になってしまうのが難点!!

まぁ、上手く本番ができたときの感覚はたまらないが。。。

でも、額が額なので、出会い系、マッチングアプリで1万5千~2万で本番をするのも良く使う手ではある。

本番の交渉とかがないので、交渉というドキドキ感はないかもしれないが、とにかく本番がしたいときはかなり便利だし、当たりの肉便器を探すドキドキはあり面白い。。。

興味がある人は是非やってみてください。
とにかくセックス、本番がしたいなら
とにかく本番のセックスがしたい人!!

騙されたと思って出会い系、マッチングアプリを使ってください!!

ソープがある県ならソープ店に行けば必ず本番セックスができます。

デリヘルなら、本番セックスの交渉が上手ければ本番ができます!!

ソープ、デリヘルでも本番セックスができます、でも、決まった店まで行かなくてはいけない、本番の交渉をしなくてはいけないという条件があります。

でも、出会い系、マッチングアプリなら、どこでも、誰でもお金さえあれば必ず本番セックスができます。

それも、デリヘルより料金が安いのです。

デリヘルならホテル代+プレイ代+オプション代(本番代)で、3万近くはかかってしまいます。

しかし、出会い系、マッチングアプリならホテル代+1.5~2万で必ず本番セックスができます。

さらに、運が良ければ無料のセフレもできる可能性があります。

さらに、生本番で募集してる女(肉便器)もいるので生本番も簡単にできちゃいます。

とにかく、メンヘラの女(肉便器)が、世の中にはいっぱいいるのです。

出会い系、マッチングアプリが気にいらなかったら、アンインストールすればよいし。

最近の出会い系、マッチングアプリは架空請求はこないが、もしきたら無視すればよいだけだし!!

とにかく、マイナスな点がないのに何故、出会い系、マッチングアプリをしないんですか?

本番セックスをしたいのに何故、出会い系、マッチングアプリをしないんですか?

ってことです。

TVで紹介されたハッピーメールを使ってみんさい!!

みなさんのよい精活を。。。