出会い系サイト(マッチング)で
清楚系ビッチとの夏夜の体験談!


出会い系サイト、マッチングアプリでの清楚系ビッチを無駄にした体験談があったので、紹介します。

真面目な人は損をすると思える体験談です。

「家行っていい?」アプリ婚活中の男が驚愕した、乱れた性の実態

新型コロナの影響で注目を集めている「マッチングアプリ」。スマホ一つで新たな出会いを探せるため、婚活の主流となりつつあります。

【これまでのあらすじ】
同期に勧められアプリに登録した工藤直彦だが、なぜかまったくモテない。苦戦の中どうにか留美とのデートにこぎつけるも余計な一言のせいで大失敗。しかし奇跡的にアプリの女王・さくらとマッチング! 初対面で彼女の魅力に陥落した。

一筋縄ではいかないアプリ婚活
「なあ、淳也」

空になった重箱を一点に見つめ、直彦は恥をさらす覚悟で問いかけた。

「マッチングして、向こうから誘われてデートもいい雰囲気で終わったのに、連絡が途絶えたことってあるか……?」

在宅勤務後に同期の淳也と鰻を食べにきたのだが、正直、食事中も頭はこのことでいっぱいだった。

――なんで連絡がこないんだろう……。

アプリの女王・さくらとのデートは成功したはずだ。別れ際に勢い余って抱きしめてしまったが、彼女は嫌な顔も気まずい顔もせず「ありがとう、またね」と笑ってくれた。

それなのに帰宅後すぐに二度目のデートに誘っても、いっこうに返事がこないのだ。

「なんだよ、またしくじったのか」

淳也は直彦のアプリ婚活ネタを完全に面白がっている。

ニヤニヤしながら「相手は誰だ?」「教えろ」としつこいので「さくらさん」とだけ答えると、ふいに彼の顔から笑みが消えた。

「さくらって……もしかして料理家の?」

「料理家? ああ、確かそうだったかな。それにしてもなぜなんだ……いい雰囲気だったのに……」

淳也は無言でこちらを見つめている。しかしハッと思い出したように笑顔を作ると、妙に早口で直彦を諭した。

「あのな、いい雰囲気ってそれはお前の感想だ。楽しかったのは工藤だけで、女のほうは愛想笑いで内心つまんねーって思ってたんだな。潔く諦めろ」

ムッとして「それは違う」と抗議するも、有無を言わせぬ口調で「そうなんだって」とかぶせられた。

「大丈夫だ。アプリをひらけば女はゴマンといる。次に行け、次に」

そうじゃない。さくらはあの日のデートを心から楽しんでいた。

しかし「返事がない」という現実がある以上、直彦は黙るほかなかった。

ランキング上位のニューフェイス

自宅に戻ると、直彦はかすかな期待を胸に再びアプリを開いた。

「来てないか……」

さくらからの返信はやはり届いていなかった。

直彦の脳裏には、さくらの太陽のように眩しい笑顔がこびりついている。未練がましさ全開で花束ランキングを覗くと、未だにさくらがトップに君臨していた。

――さくらさん……。

胸の痛みを振り切るように、画面をスクロールする。

そうして下位ランキングまでたどり着いたとき、直彦は思わず息を止めた。

――これは……! 

なんと、ランキング20位に留美が登場していたのだ。

「留美さん、やるなぁ!」

興奮のあまり、部屋でひとり大きな声を出してしまった。自分がランクインしたわけでもないのになぜか誇らしさまで感じる。

たかが花束ランキングされど花束ランキングだ。数万の利用者がいる中で20位だなんてすごい。

なにげなくプロフィールページにも飛んでみると、以前より写真もテキストも格段にバージョンアップしているのがわかった。

――おお、これは……。

直彦は思わず、5枚目の写真を拡大する。夏のドライブシーンだろうか。ショートパンツからスラリと伸びた長い脚に目を奪われたのだ。

『花束ランキング入り、さすがですね』
『写真も変わって、いい感じじゃないですか…! 』

興奮を抑えきれずDMを送る。

留美は読んでいるのかいないのか。アプリのDM機能は既読がつかないからわからない。

しかし彼女の反応より何より、直彦は留美のランクインが単純に嬉しかった。

24時間以内に花束ランキング入りする女

足跡を辿ったらしく、kanamiが「いいね」してきたのだ。

おっぱい写真に興奮したことは認める。しかし同時に直彦の危険センサーも作動した。

こういう写真をSNSに載せるような女性は信用できない。少なくとも、本気でアプリ婚活に挑む直彦の相手ではない。

念のため、再度kanamiのプロフィールを確認してみる。

すると、先ほどはおっぱい写真にしか目がいかなかったが、それ以外の写真は清楚風であることに気がついた。

誕生日の写真らしい、デコレーションケーキを抱え無邪気に笑うkanamiをしばらく眺めていたら、実は素朴で可愛らしい女性なのかもしれないとも思えてくる。

24時間以内のマークがついているから、登録初日の新顔だ。

既に1000本以上も花束をゲットしているのはおっぱい写真効果に違いないが……東京在住、大学卒、大手企業勤務。予想に反して肩書きも固かった。

――まあ、とりあえずマッチングしておくか。

肩書きとともに、丁寧な文章で書かれたプロフィール文に安心感を覚えた直彦は、迷いつつも「ありがとう」を押してみた。

そこに、間髪入れず彼女からメッセージが届く。

「初めまして佳奈美です。ナオさん、イケメンすぎて震えます……!」
「ちなみに家ってどのへんですか? もしよかったら教えてください」

――い、いきなり家を聞いてきた……。

さくらも積極的だったが、佳奈美はその上を行っている。アプリの女性はこうもグイグイくるものなのか。

「こんばんは。工藤直彦です。家は、渋谷区に住んでます」

一応、恵比寿とは言わず渋谷区とごまかして答えておく。しかしkanamiはまったく怯まず、さらなる驚きの提案をした。

「良かったら、今から会いませんか?恵比寿なら22:30には行けます」

……慎重な直彦の性格からして、もしもこれが初めてのマッチングだったら「ヤバい女」扱いで断っていただろう。

しかしすでに同じアプリで留美やさくらに出会った実績があったから、一度会ってみてもいいかもしれないと思ってしまったのだ。

「30分で初デート」気軽すぎるアプリの出会い

「ナオさん、ここです」

指定されたカフェバーのテラスで、佳奈美はプロフィール写真と同じ懐っこい笑顔で直彦に手を振った。

ボブヘアに薄く下ろした前髪。顔も体つきも丸っこくて、美女系統ではないが男好きのしそうな親近感の湧くタイプである。

それにしても、つい先ほどマッチングしてからたったの30分しか経っていない。

「初めまして」と挨拶をしながら、直彦は改めてマッチングアプリという革新的な出会いの手段に感動を覚えた。

「すみません、突然。でも来てくれて嬉しい。今日は一人でいたくない気分だったから……」

「ああ、いえ……どっちみち家で暇してたので」

甘えた声で見上げられドキリとする。

視線を泳がせていると、1つ年下の佳奈美に「ナオさん、かわいい」と笑われてしまった。

夏の夜の幻

しかしワインで乾杯した後、そう時間の経たぬうちに、直彦は来たことを後悔し始めた。

というのも「なんだか暑い」と言って羽織りを脱いだ佳奈美はキャミソール姿で、露わになった胸元のボリュームが凄まじく目のやり場に困ってしまう。

さらには過剰なボディタッチも気になる。

素直に喜ぶ男が多いのかもしれないが、少々潔癖なところがある直彦はベタベタ触られるのが好きじゃない。

「見て。この前こんなDMもらったんだけど~」などと言い、スマホ画面を見せつつ腕に思い切り胸を押し付けてきたときには、思わず体をのけぞらせてしまった。

「ねえ、ナオさんの家ってここから近いの?」

「佳奈美さん」

暗に「家行っていい?」と誘われたとき、ついに我慢できなくなった直彦は強い口調で彼女の名を呼んだ。

「失礼だけど、こういうのはやめたほうがいいんじゃないかな」

「え。なに、突然」

誤魔化すように笑う佳奈美を無視して、直彦は真顔のまま続ける。

「初対面の男にこんなふうに胸を押し付けたり、家に行こうと誘ったり……そんなことしてたらろくな男には出会えないと思う。もっと自分を大切にした方が……」

「なんなの、余計なお世話なんだけど」

しかしすべてを言い終える前に佳奈美がぴしゃりと遮った。

瞬時に笑顔も消え、蔑んだような表情でこちらを見ている。

ビキニ以外の、誕生日やお花畑での写真は清楚に見えたはずなのだが、こうして至近距離で向かい合うと、それらの写真とリアルの彼女はまるで雰囲気が異なることに今さら気づく。

俗にいう“清楚系ビッチ”とは、佳奈美のような女性を指すのかもしれない。

「自分の価値観を押し付けないでよ。女から誘って何が悪いの?」

先ほどまでとは打って変わった低い声で、佳奈美が挑むように尋ねる。

「何が悪い」だって……? 
確かに、女が男を誘惑しちゃいけないルールなんかない。

直彦は彼女の身の安全を慮って注意したわけだが、そんな風に突き放されてしまうと何も言えなくなった。

「そ、そうだね。確かに、別に悪いわけではないけど……」

剣幕に押され、ボソボソ小声でフォローする。しかし佳奈美の口撃は止まらなかった。

「だいたい、この時間に呼び出されてホイホイ出てきたんだから、そっちもそのつもりだったんじゃないの?」

直彦は絶句した。まさか自分が女性から、こんなセリフを言われる日が来るとは……。

「あー、一気に酔いが覚めた。帰るわ」

そう言い放つと彼女は勢いよく立ち上がり、そのまま振り返りもせず去って行った。

……これは……現実なのだろうか……? 

姿が見えなくなると、直彦は自分で自分の頬を捻った。

嵐のように一瞬で過ぎ去った出来事は、非日常すぎてまるで現実感がない。

呆然とする直彦は、佳奈美の存在は夏の夜の幻だったのだと思うことにした。

POINT

出会い系サイト、マッチングアプリには、こういう女がいるのはたしかだが。。。

こんなチャンスは中々ないので、清楚系ビッチに出会ったらヤッちゃいましょう。

自分なら間違いなくヤっちゃいます!

本気にならずに、セフレとして扱うことをオススメします!



本番(SEX)するために役立つ情報
必ず本ありのHがしたい方でデリヘル嬢に交渉が苦手な方は以下のページを参考にしてみてください!! 当たりハズレもありますが、楽しめると思います!!

青森
山形
群馬
長野
東京
富山
京都
大阪
奈良
岡山
長崎

大人のニュース

風俗デリヘルで本番交渉の常識
基本的な本番交渉の方法は、デリヘルやホテヘルでも同じです。

非本番風俗で働いてる女は、お金が欲しいけど本番はしたくないから非本番風俗で働いてる。 お金が欲しく、ソープがないか非本番風俗で働いている。

と、とにかくお金が欲しいから働いてる。

ということで、本番をするために重要なのは以下となる。
POINT
  • 清潔、性病が無さそう。
  • 金を持ってるからお小遣いもらえる。
  • 金を持ってるからリピーターになってもらえる。
  • とにかく相手を誉める。
  • とにかく相手の話に同調する。バカなことを言っていても頷こう。

一番は、金が重要!!
金は命よりも大事!!


風俗嬢は100%全員、金が欲しい。

金が欲しいから風俗嬢をしてるのは間違いない。

風俗で本番をしたいならその場だけでも金を持ってることをアピールしないとだめということ。

◯◯の社長、◯◯の経営をしてるなど、なんでもよいが金がありそうな職業を言ってしまうのが効果がある!!

次に清潔感!!!

きたないのもダメだ。安くても良いので小ぎれいな服装、髪の毛がボサボサしていない、歯を磨く、爪を切って整える等、簡単なことでよいので、清潔にすることが大事!!!

後は、会話を上手くやることが大事!! 相手の言っていることが違うと思っても否定はしない。 同調してあげることが大事。

あいま、あいまで誉める! とにかく誉める!

そして、抜きの直前になったら本番交渉を行う。

抜きの直前が重要なので復唱!!


状況によって、次の言葉を言う。
POINT
  • 個人的なオプションはないの?
  • いつもはこんなことないんだけどエッチしたい
  • 入れたくなってきちゃった
  • 本番したいな
  • 入れたいんだけどだめかな

と言う感じを状況に合わせて使い分ける。

本番のオプション料金は、嬢にもよるが、1万が多い。

熟女だと5千円と言うのもあるし、女子大生だと3万~5万って言う女もいるぞ。

プレイ代とオプションで中々の額になってしまうのが難点!!

まぁ、上手く本番ができたときの感覚はたまらないが。。。

でも、額が額なので、出会い系、マッチングアプリで1万5千~2万で本番をするのも良く使う手ではある。

本番の交渉とかがないので、交渉というドキドキ感はないかもしれないが、とにかく本番がしたいときはかなり便利だし、当たりの肉便器を探すドキドキはあり面白い。。。

興味がある人は是非やってみてください。
とにかくセックス、本番がしたいなら
とにかく本番のセックスがしたい人!!

騙されたと思って出会い系、マッチングアプリを使ってください!!

ソープがある県ならソープ店に行けば必ず本番セックスができます。

デリヘルなら、本番セックスの交渉が上手ければ本番ができます!!

ソープ、デリヘルでも本番セックスができます、でも、決まった店まで行かなくてはいけない、本番の交渉をしなくてはいけないという条件があります。

でも、出会い系、マッチングアプリなら、どこでも、誰でもお金さえあれば必ず本番セックスができます。

それも、デリヘルより料金が安いのです。

デリヘルならホテル代+プレイ代+オプション代(本番代)で、3万近くはかかってしまいます。

しかし、出会い系、マッチングアプリならホテル代+1.5~2万で必ず本番セックスができます。

さらに、運が良ければ無料のセフレもできる可能性があります。

さらに、生本番で募集してる女(肉便器)もいるので生本番も簡単にできちゃいます。

とにかく、メンヘラの女(肉便器)が、世の中にはいっぱいいるのです。

出会い系、マッチングアプリが気にいらなかったら、アンインストールすればよいし。

最近の出会い系、マッチングアプリは架空請求はこないが、もしきたら無視すればよいだけだし!!

とにかく、マイナスな点がないのに何故、出会い系、マッチングアプリをしないんですか?

本番セックスをしたいのに何故、出会い系、マッチングアプリをしないんですか?

ってことです。

TVで紹介されたハッピーメールを使ってみんさい!!

みなさんのよい精活を。。。